道後温泉


成田からジェットスターで1時間45分。あっという間に到着しましたが、愛媛と言えば何を思い浮かべますか? この季節だと「みかん」という人がやはり多いかもしれませんが、実はいま愛媛には多くのおしゃれで楽しいスポットがあるんです。

■道後温泉が妖しく美しい蜷川実花の世界一色に
DSC04489

日本三古湯のひとつとも言われる「道後温泉」は夏目漱石の小説「坊ちゃん」にも登場し、愛媛の代表的な観光地。温泉入浴施設としては唯一の重要文化財に指定されていて、その歴史ある建築物に心が弾みます。三階建の建物の中には数種類の浴室や休憩室があり、浴衣に着替えてゆっくりとお茶を飲みながら休憩することができます。夏目漱石が通った「坊ちゃんの間」も利用したいところですが、やはり目を奪われるのが本館内で休憩をすることができる床の間に展示された鮮やかな花のアート。写真家・蜷川実花さんの作品です。実は道後温泉は「最古にして、最先端。」をテーマに町中で蜷川実花さんとコラボレーションしている「蜷川実花×道後温泉 道後アート2015」というアートイベントの真っ最中。日本最古の温泉街で展開されるアートイベントというわけです。

DSC04484

道後温泉本館ではエントランスや床の間、そして暖簾などいたるところが蜷川色に染まっています! 

DSC04360

一息つきたいときにはホテルギャラリー茶玻内にあるレストラン「Le Cuisine Japonaise 玻璃」で壁一面の蜷川作品「flower」を楽しむこともできます。

DSC04353

また、アートを楽しみたいという人にぜひ滞在してもらいたいのが大和屋本店です。東京・目黒川の桜を撮影したシリーズ「PLANT A TREE」が客室全体に展開されていて、もちろん実際に宿泊することも可能です(1080円で見学のみも可能)。屏風、ふすま、障子、そして座布団にいたるまでが青と黒を基調にした普段とは少し印象の違う作品に。

昭和レトロな街並みに鮮やかな蜷川作品が妖しくマッチし、旅を盛り上げてくれること間違いないでしょう。

蜷川実花×道後温泉 道後アート2015
会場: 道後温泉およびその周辺エリア
会期: 2016年2月29日まで

■愛媛最新のみかん事情をチェック!
DSC04384

愛媛は温州みかんの収穫量日本一ということからもわかるように、やっぱりみかんが有名です。そして「愛媛では蛇口からオレンジジュースが出ている」というのが定番の都市伝説。

IMG_5253

ところが、それを実現させたのが「道後やや」です。ここは道後温泉を利用することを前提としたホテルで、宿泊者へのおもてなしが丁寧とリピーターも多いのですが、ロビーに入ってすぐにそれが伺えます。フロントの目の前にあるのは「オレンジジュースが流れる蛇口」。宿泊客は好きなだけその蛇口をひねりジュースを飲むことができます。まさに都市伝説が実現した瞬間を体感できるというわけです。季節によって使用されるみかんが変わりのもおもしろいですね

道後 やや
松山市道後多幸町6−1

DSC04403

町歩きの合間に立ち寄りたいのは「10 FACTORY」。ここは愛媛のさまざまなおいしいみかんを楽しめるお店です。テイクアウトはもちろんカフェスペースもあり100%生絞りのみかんや生アイス、ジェラートなどを楽しめます。

DSC04411

おすすめは3種類の飲み比べが可能な試飲セット。甘みが強いものから、少し苦さを感じるものまでいろいろな種類があることがわかります。

これからの季節はみかんの本格シーズン。ラインナップも大幅に増加するということでお気に入りのみかんを選びたいですね。

10 FACTORY
松山市道後湯之町12−34

■冬の海を楽しむ! ロマンと風を感じる愛媛アクティビティ
DSC04523

身体を動かすことで、その土地の良さをもっと知ることができます。愛媛には世界初の連吊橋「来島海峡大橋」があり、その風景は圧巻。見るだけではもったいないこの場所でのおすすめはサイクリングです。

DSC04555

しまなみ海道の玄関口にある「サンライズ糸山」で自転車を借りて出発です。ママチャリやマウンテンバイク、クロスバイクなど自転車の種類も豊富で、体力に自信のない人は電動アシスト自転車を借りることができます。

来島海峡大橋は両側に小型バイク道と自転車歩行者道が設けられていて、みんな自分のペースでサイクリングを楽しんでいます。ただ走るだけでなく、立ち止まって橋の下に広がる瀬戸内海を眺めると多くの島やフェリーを見ることができます。橋の上はゆるやかですがアップダウンもあり、そこに海からの風も受けるので思っていたよりも疲れましたが、普段は動かさない筋肉を動かしたからかとても心地よくリフレッシュすることができました。

サンライズ糸山
今治市砂場町2−8−1

DSC04597

橋の上から海を眺めたあとはもっと近づいてみましょう。歴史好きにもオススメしたいのが「能島上陸&潮流クルーズ」。

DSC04601

瀬戸内海で海賊活動をしていた「村上水軍」の最も古い記録は1349年、その後は1588年の豊臣秀吉による海賊停止令が出されるまで海上警護などを行い繁栄していました。その「海賊」として唯一の国の史跡に指定されている「能島」に渡り城跡を観光でき、さらに帰りは潮流をクルージングできる75分のツアーです。

DSC04627

島に上陸し、二之丸や本丸跡を見学します。ガイドをしてくれるのは実際に発掘調査に関わった人なので「村上水軍が隠した宝があると思って探したが、ここからは見つからなかった」とその場を案内してもらえたり、話を聞くだけで歴史ロマンを感じます。

村上水軍の本拠地である能島の回りには天然の要塞とも呼ばれた激しい潮流があります。島からの帰りはその潮流をクルージング。激しく波打つ海面を見ながら海賊たちに思いを馳せてみてはいかがでしょう。

能島上陸&潮流クルーズ
問い合わせ:0898-35-4886(瀬戸内しまなみリーディング)
期間:12月23日まで

アートや最新のみかん事情、そして愛媛の海の楽しみ方など、今まで知らなかった愛媛の魅力はたくさん。LCCを使って時間もお金も節約して出かければ、現地で思う存分遊べそうです。気のおけない友達とぶらりと出かける週末旅行は楽しそう。

パワースポット

ほかにも愛媛最古の神社である大山祇神社(今治市大三島町宮浦3327)を訪れて樹齢約2600年の大楠からパワーをもらえば、毎日の生活ももっとがんばれそう。遠いようで実は近い、愛媛を満喫するにはぴったりの冬の季節がやってきました。

(家電チャンネル副編集長/西岡舞子)


■関連記事
週末は飛行機に乗って国内旅行! お得で充実した愛媛の旅を提案【愛媛の旅:前編】