日本代表は大金星となったFIFAワールドカップ(W杯)カタール大会1次リーグ初戦ドイツ戦から一夜明けた24日、ドーハ市内で第2戦コスタリカ戦(27日)に向けた練習を行った。練習開始前には見事な手腕で勝ち点3を獲得した森保一監督(54)が報道陣に対応した。その際に、ピッチに水を巻くスプリンクラーの水が想定以上に伸びて受け答えをする指揮官たちを強襲。思いがけない形でシャンパンファイトのように濡れる“祝福”を受け