家を買うとき、「天気の悪い日に下見をする」のが重要なワケ幻冬舎ゴールドオンライン

物件選びを「悪天候」にすべき理由 近隣の環境が浮き彫りに?

  • 物件購入の際、雨の日などに現地を訪れるよう土地家屋調査士が勧めた
  • 騒音や悪臭、水害、通行のしやすさなどを確認するためとのこと
  • 朝の時間帯や夜の時間帯にも足を運び、近隣の環境を見たほうがいいそう

ランキング

x