「オリックス-日本ハム」(27日、京セラドーム大阪)オリックス・安達の盗塁が、日本ハム捕手・清水の右腕が球審に接触したため、“取り消し”となった。場面は五回2死一、二塁。二走の安達が三盗を決行した。すかさず、清水は三塁へ送球しようとしたが、自身の右腕が球審の顔付近に接触。その拍子に握っていたボールが手からこぼれた。安達は既に三塁へ到達していたが、すぐに球審が二塁へ戻るように指示した。球審の