不動産仲介業者で起きた爆発事故で、当時店長だった男を書類送検する方針です。この事故は去年12月、札幌市の不動産仲介業者で爆発があり、52人が重軽傷を負い約40棟の建物が損壊したものです。捜査関係者によりますと、警察は当時店長だった34歳の男を重過失激発物破裂などの疑いで近く書類送検する方針を固めました。男は約120本の消臭スプレーを一気に噴射し、その直後に給湯器のスイッチを押したことで店を爆発させた疑い