妊娠中の食生活は子どもの問題行動と関連か 愛媛大などが研究成果を発表

ざっくり言うと

  • 妊婦の食生活と子どもの問題行動に関する研究結果を、愛媛大などが発表した
  • かんきつ類を多く摂取した母親の子どもは情緒・多動問題が少なかったという
  • 野菜や果実を多く摂ると、幼児期の問題行動を予防できる可能性があるとした

ランキング