右肩上がりで増加を続ける外国人観光客。特に増加が著しいのが中国人だ。10月1日から始まる中国の大型連休で8億人が海外旅行に出かけ、一番人気の観光地がこの日本だという。そして彼らがまきおこす混雑、マナー違反、景観破壊といった迷惑な状況を指す言葉が「観光公害」だ。観光公害が拡大を続ける背景として、実は「受け入れる日本側が、真の意味での『開国』に対応できていないことにある」と、東洋文化研究者アレックス・カー