「お客様から見た安心感が我々の強み。(自信は)あります」サービス開始からわずか1カ月。セブン&アイ・ホールディングスは1日、スマートフォン決済サービス「セブンペイ」を9月末で廃止すると発表した。サービス開始から150万人が登録したものの、不正アクセスを受けて被害は808人、約3860万円。セキュリティーの強化案を発表するなど再起に向けた取り組みも行っていたが、最終的な結論は9月末でのサービス廃止だった。