24日、中国人観光客による買い占めなどで粉ミルクの供給不足が続くオーストラリアで、大手スーパーのウールワースが店頭に掲示した販売制限の張り紙が、英語版と中国語版で内容が違うとして、一部消費者から批判の声が上がっている。資料写真。Record China

豪スーパー 粉ミルクの販売数が英語版と中国語版で相違し非難の声

ざっくり言うと

  • 豪スーパーで粉ミルクの販売数が英語版と中国語版で内容が違うと報じられた
  • 英語版は「1人4缶まで」だが、中国語版は「1人2缶まで」になっているという
  • 一部消費者からは「あからさまな差別だ」などと批判の声があがっている

ランキング