日本の戦闘機開発、わが国に比べて「20年は遅れている」=中国

中国は近年、兵器や装備の現代化を進めている。最新鋭のステルス戦闘機である殲20(J−20)はすでに実戦配備が始まったとされており、中国ではJ−20を高く評価する声が多く見られる。例を挙げると「米国のF−22にも対抗できる先進的な戦闘機」、「J−20の実戦配備で、武力による台湾の『解放』が可能になる」といった声が見られる。(イメージ写真提供:(C)motive56/123RF)

ランキング