ケンタッキー・フライド・チキンの店先に立つ、カーネル・サンダース人形。

白いスーツ姿でおなじみのおじさんが、2024年4月30日から多くの店で姿を変えるという。

思わず仰天してしまいそうなその一例をご覧いただこう。

「鳥」をあしらった鎧を被った身を包んだ鎧武者!?

しかもなぜか、いつものステッキではなくノートパソコンを持っている。どういう状況......?

見た目も時代設定もカオスなカーネル・サンダースさんに驚きを隠せない。

日本ケンタッキー・フライド・チキン(本社=神奈川県横浜市)が2024年4月26日に配信したプレスリリースによると、彼は「武者カーネル」。

端午の節句の期間中、多くのカーネルおじさんが武者スタイルでお客さんを出迎えるという。しかも、鎧兜は店舗ごとに異なるデザイン。何故なら、各店の従業員がデザインしたからだ!

40年前に始まった「伝統的な地域活動行事」

もしかしたら、皆さんも今までに「武者カーネル」に出会ったことがあるかもしれない。

というのも、武者カーネルは「KFCの伝統的な地域活動行事のひとつ」。実は、40年も前に始まった取り組みなのだ。

この"伝統"が生まれたのは1984年。店舗従業員の「お客さまに喜んでいただきたい」という思いが発端だった。

始めは小規模な取り組みだったが、展示する店舗数は次第に増加していったという。

そして、武者カーネル40周年を迎えた2024年は、過去最多の892店舗で武者カーネルが出現することに。

従業員がアイデアを出し合い、鎧・兜のデザインや形など、細部にまでこだわって制作しているとのことだ。

個性豊かな「武者カーネル」たちは、2024年4月30日から5月6日まで出現する(対象店舗は公式サイトで確認可能)。

ケンタッキーのお店や看板を見かけたときは、カーネル・サンダースさんの姿を見に行ってみるといいかもしれない。

X上では5月1日からオリジナル武者カーネルデザインデジタルKFCカード4000円分が当たる「武者カーネル40周年キャンペーン」も実施されるので、そちらも併せて要チェックだ。