福岡で起きた「5歳児餓死事件」でクローズアップされた「洗脳ママ友」という新たなワード。

【写真】この記事の写真を見る(2枚)

 同級生でも、仕事での付き合いでもなく、趣味も興味も違うのに、ただ同じ年頃の子供がいるということで繋がった「ママ友」という関係性と、言葉巧みに近づき、家族を崩壊させて幼い命まで奪うという凶悪な『洗脳』行為が重なった事件の経緯は複雑に思えるが、実は日常的によくあることなのかもしれない。

 そこで、大きな事件にまで発展はしていないものの、「あれは“洗脳”だったのでは?」という、実際に起きたママ友エピソードを取材してみた。(取材・執筆=素鞠清志郎)

◆◆◆

だんだん影響され、バサバサの髪に

 まずはパート勤務をしている主婦の田原美幸さん(38歳・仮名)の出会ったエコロジー洗脳ママ友の話。

「子供が小学校2年の時に引っ越してきて同じクラスになった、アキナさん(仮)というママがいました。

 それまで私には子供が保育園のころから仲の良い5人組のママ友サークルがあって、みんなで子供の服を着回したり、一緒に安売りのスーパー探しをするような庶民的な雰囲気だったんですけど、アキナさんは髪を後ろに結んでノーメイク、服は生成りのシャツとパンツ姿のナチュラル系。私たちとはちょっと雰囲気が違うかなと思ってたので、最初は距離があったんですけど、アキナさんの知り合いが有機栽培で作った野菜を配ってくれたりするので、だんだん仲良くなっていったんです。

 でも、アキナさんは『牛乳は子供に与えちゃダメ』とか、『合成洗剤は海を汚すから使わないほうがいい』といった主張をしてくるようになったんです。

 私は『そういう生き方もあるよね』という感じで、話を聞くだけだったんですけど、ママ友仲間のミサコさん(仮名)が、だんだん影響されていってしまって。


※写真はイメージです ©iStock.com

 ミサコさんは、アキナさんと一緒に遠くの自然食材のお店に通うようになったり、シャンプーを使うのをやめたとかで、バサバサの髪になってたり、徐々に雰囲気が変わっていきました。

 しばらくして、ミサコさんの子供が学校に来なくなったという話を聞いて、病気で入院でもしたのかと思って心配してたら、ミサコさんにばったり道で会ったので思いきって聞いてみると『息子はいま○○島に留学してます』と打ち明けてくれました。

家に引きこもるようになってしまった息子さん

 アキナさんに、子供は自然の中で育てるのが一番と勧められて、子供だけ田舎のお家にホームステイする『山村留学』をすることにしたそうなんです。

 その留学はいいものかもしれないけど、ミサコさんのお子さんは大人しくて、ホントに親しい友だちとだけ遊ぶようなタイプ。そんな子が、友達とも住み慣れた街とも離れて、誰も知らない山村で暮らすなんて大変だろうなって思いました。

 それから半年くらいたって、ミサコさんの息子さんは帰ってきたんですけど、向こうで何があったのか、暗い感じになって家に引きこもるようになってしまって……。

 その変貌ぶりをみたミサコさんは『私が間違ってたのかも』と、エコ洗脳が解けたようで、それからアキナさんとも距離を置くようになってましたね」(田原さん)

 エシカルもエコもSDGsも意識が高くて結構だが、他人に自分の価値観を押し付けるのは考えものだろう。

行けないなら、パチンコの軍資金を貸してくれない?

 次に話を聞かせてくれたのは、品川区在住でフリーで宝飾品のデザインをしているという太田裕子さん(41歳・仮名)。お金がらみだけにまったく笑えない借金洗脳ママ友の話だ。

「保育園が待機で入れなくて、仕方なく近所の無認可保育園に子供を預けてたんです。そこで出会ったクミさん(仮名)は、30歳くらいでまだ若いんですけど、かなり大柄でいつもタバコを吸っているような人。私がこれまで生きてきてあまり知り合ったことのないようなタイプでした。

 そのクミさんといつも一緒にいる、ヨウコさん(仮名)というママがいたんです。小さくて、無口で、大人しそうな方なんですけど、ヨウコさんも、この保育園でクミさんと知り合って、仲良くしてると言ってました。

 ある時、ヨウコさんとお迎えの時間が一緒になって、はじめてふたりだけで喋る機会があったんです。その時に、自然とクミさんの話になりました。

 クミさんはパチンコが好きで毎日のように通ってるそうなんです。ヨウコさんは、それまでパチンコなんてしたことなかったみたいなんですけど、クミさんに誘われてたまに行くようになったということでした。

 ヨウコさんはパチンコがそこまで楽しめなかったので、誘われても断るようになったら、クミさんから『行けないなら、パチンコの軍資金を貸してくれない?』とお金を無心されたそうです。

言葉巧みに借金を重ね…

 ヨウコさんは一緒に行かなくなったことに引け目を感じていたので、1万円を貸したそうなんです。それからは同じパターンで、また1万、ある時は3万と貸すようになって……。

 最初の頃は、お金を返してもらったこともあったらしいんですけど、どんどん返済が滞るようになって。そのうちに『携帯が止まった』とか、『親が病気だ』とか、意味のわからない理由で言葉巧みに借金を重ねさせられて、最終的には貸したお金が250万円くらいに膨れ上がったそうなんです。

 私はさすがにヨウコさんがかわいそうで、同じような被害にあっていた保育園のママ友にも声をかけて、みんなでクミさんの家に乗り込みました。クミさん本人は不在だったんですけど、家にいた旦那さんと義理の両親に状況を説明。分割でもいいからヨウコさんに返済するという約束を取り付けました。旦那さんは『もうクミにはパチンコに行かせない』という約束もしてくれました。

 そのすぐ後に、クミさんは保育園を変えてしまったようで、その姿を見かけることはなくなりました。

 ヨウコさんへの借金は、細々とですが、旦那さんが返済してくれてるそうです」(太田さん)

 他人と距離を縮めた先にあるのはカネの無心というわかりやすい例。運良くお金が回収できそうなのは、幸運と呼ぶべきだろう。

 そして洗脳の代名詞といえば新興宗教に他ならない。村山広恵さん(34歳・仮名)の体験した恐怖の出来事とは?

子供を連れて家に遊びにこない?

「赤ちゃん教室で一緒になったアカリさん(仮名)というママ友がいました。その教室の他のママさんたちはいつもワイワイした雰囲気で私はあまり馴染めず、端っこのほうにいたんですが、反対側の端っこによく独りで座っていたのがアカリさんでした。

 疎外されたような私たちは自然と話すようになり、LINEを交換して近況を報告するような仲になりました。

 そんなある日、アカリさんから『子供を連れて家に遊びにこない?』といわれました。『いや、子供が泣いたりしたら大変だから』と断ったんですが、アカリさんは『子供を見てくれるベビーシッターの人に来てもらうので大丈夫』と提案してくれて、それならということでお家に伺ったんです。

 お部屋に入ると、すでにベビーシッターと名乗る方がいらっしゃって挨拶をされました。

 子供部屋に私の子と、アカリさんの子を寝かせると、シッターの方が『あとは私にまかせてごゆっくり』ということだったので、ふたりでリビングのほうでお茶を飲むことになったんです。

 アカリさんは『子供を気にしないでゆっくりするのなんて久しぶり』と笑いながら、家族のことや学生時代のことなんかをお互いに話していました。

 そこで、アカリさんから唐突に『3.11の震災のとき何をしてた?』と聞かれました。私は『普通に家にいて、すごく揺れて怖かった』みたいな話をしてたら、彼女が一枚の写真を取り出してきたんです。

 そこには、津波で無残に打ち砕かれた街並に1軒だけ無傷で残ってる家が写っていて、アカリさんは『この家だけ守られてる。すごい奇跡だと思わない?』と真剣な顔で聞いてきます。

 私も『奇跡の一本松』とかは、ニュースで見ていたので、そういう類の話なのかなって思って写真を見直したんですが、どこか違和感があって……。その1軒だけ残ってる家の部分が合成されたもののように見えたんです。

勧誘をされていると気付いた時には2対1

 私が『うーん……』と黙っていたら、『奇跡の家でしょ? 私、その家に住んでた人を知ってるんです』と、ベビーシッターの人がいきなり話に入ってきたんです。

 するとアカリさんも『この家の人は、ある力によって守られたんですよね?』とシッターの人と話しはじめて、二人は私に向かって『実はこの家族は“◎◎会”の生徒なんですよ』と言い始めました。

 このあたりでようやく私はなにかの団体の勧誘をされているんだなと気付きました。

 とにかく、この2対1の状況は危ないと思ったんですが、子供を預けているので、自分だけ帰るわけにもいかない。

 なので、それから3時間くらいよくわからない話を聞かされて、『暗くなってきたのでそろそろ……』と子供を抱えてようやく部屋を出ました。

 アカリさんのLINEはブロックしましたが、近くに住んでるのでどこかで会ってしまうかも、と思うと引っ越しまで考える毎日です」(村山さん)

 個室に追い込まれて宗教の勧誘というのは、絶対に避けたいシチュエーションだろう。しかも家に遊びに来ないかという気軽な誘いに応じた結果だと思うと、その恐怖が余計に引き立つというもの。ママ友という微妙な距離感を利用した行為だ。

保育園前で井戸端会議のおしゃべりママ

 そして、世の中には虚言を吐いて他人を陥れる者も少なくない。最後はそんなトンデモママ友のケース。保育園での出来事を話してくれたのは、自身も産休中の保育士だという神田麻衣さん(29歳・仮名)。

「保育園で、1歳下のクラスにいた子のママさんで、ユウコさん(仮名)という人がすごかったです。

 おしゃべり好きという印象で、送り時には、いつも同じクラスのママ数人と保育園前で1時間ほど井戸端会議をしていました。

 私もたまに加わることがあったんですけど、『あの韓国アイドルが素敵』とか、保育園に研修に来ていた男性の保育士さんのことを『顔はカッコよくない?』とか、そういうレベルの話ばかりしていて、子供の話題は殆ど出ない。

 数日後に、また話に加わってみましたが、ユウコさんは、その保育士のことが本当に気になってるようで、LINEを交換したとか、そんな女子校みたいな話題でキャッキャッしているので、このノリは合わないな、と思っていた矢先でのことでした。

取り巻きのママたちが洗脳された

 ユウコさんが保育園に預けている娘さんの下着が無くなったと、大騒ぎしはじめたんです。

 私は何かの間違いじゃないかなと思ってたんですけど、子供の迎え際にユウコさんに呼び止められて『パンツ盗んだの、絶対あの先生よ』と、その男性保育士のことを犯人だというんです。

 証拠もないのに、と思ったんですが、ユウコさんの取り巻きのママたちもその保育士が犯人だと言いはじめて、最終的にみんなで園長先生に訴えにいき、疑われた保育士さんは退職することになってしまいました。

 繰り返しになりますが、男性保育士が盗んだ証拠はない。ユウコさんと、その男性保育士の間に何があったのかはわからないですが、私は取り巻きのママたちが洗脳されて、辞めさせるように追い込んだと思ってます」(神田さん)

『洗脳』と表現すると、専門的な知識やテクニックがないと出来ないものと思ってしまうが、コミュニティ内で影響力の大きい人物が、周囲の人々の考え方や行動をいつの間にかコントロールしていた、ということはよくある。

 ママ友は、心を通わせた友達でもないし、本来は上下関係もない。しかし、だからこそマウントの取り合いになりやすく、そこに洗脳されてしまう心のスキが生まれるのかもしれない。

(素鞠 清志郎/清談社)