1月、笑顔を交えて熱心に打ち合わせしていた平野ノラ

写真拡大

「休んでる間、YouTubeでどんな動画を流そうか」──1月下旬の夕方、都内の繁華街で、大きなお腹のお笑いタレントの平野ノラ(42才)が、カフェでマネジャーらしき女性と笑顔を交えて熱心に打ち合わせをしていた。居合わせた30代女性客は「YouTubeビジネスの話とかをしていたようです。テレビでは甲高い声が特徴的ですけど、素はすごい聡明そうなしゃべり方をされていていて、意外でした。ただ、グッチのバッグだけはバブリーなイメージ通りでした」と、笑いながら明かした。

【写真】コートを脱いだ平野ノラ。重そうなお腹で歩く。足元はカラフルなスニーカーでオシャレだ。

 2017年12月に同い年の会社員男性と結婚し、このたびめでたく第1子を出産。この日は臨月間近だったが、直前まで仕事は盛りだくさんだった。

 1月には、ファッション誌「anan」のインタビューで大きなおなかを披露。続いて、マタニティー雑誌「Pre-mo(プレモ)春号」では、花冠をかぶって同誌史上最年長42才のカバーガールとして表紙を飾った。ある女性ファッション誌編集者は「41才から始めた妊活や仕事との両立は、高齢出産に挑む1人の女性として注目の的になっています。最近は、バブリーキャラではなく、メイクもナチュラルに変えられて、好感度が高いタレントさんになっていると思います」と語る。

 ブログで妊娠を報告し、多くの温かいコメントが寄せられた際には「私は更に強くなる!」「はじめて、自分以外の優先すべき自分より守るべきものを手にしたら私は絶対的にスーパーバブリーサイヤ人として無敵になるんじゃないかなと!確信しております」と力強く綴っていた平野。前出のファッション誌編集者は「出産後は、新たなママタレとして活躍していきそうな気配です」と語った。

 数年前までは、ママタレといえば小倉優子(37才)や辻希美(33才)らが引っ張りだこだったが、近年は顔ぶれも変わってきた。昨年は、北川景子(34才)、仲里依紗(31才)、杏(34才)ら人気女優が台頭している。ママタレ戦国時代にあって、平野は食い込んでいけるのか。

 あるバラエティー番組制作関係者は、「ママタレはバラエティーで笑いも取れる人が求められています。40歳を越えての妊娠・出産は、それだけでも世の女性たちの応援を受けられるので、2021年は平野さんがそのバラエティー枠のママタレに座ることになるかもしれませんね。ライバルは、バツイチで子育てしているSHELLYさん(36才)でしょう」という。

 平野は産まれる直前、SNSで「#okバブバブバブリー」というハッシュタグをつけてベビーウェアを公開。新たな命を心待ちにしている様子を伝えていた。母として、芸人として、ますます活躍する姿を見せてくれそうだ。