赤裸々告白したてんちむ(ⓒAbemaTV,Inc.)

写真拡大

 破産寸前報道で世間を騒がす人気ユーチューバー・てんちむ(27)が10日配信のABEMA「極楽とんぼのタイムリミット」に出演し、自身がプロデュースしたナイトブラ騒動のいきさつと返済目標を明かした。

 てんちむはプロデュース商品をめぐる炎上騒動の経緯や借金返済に奔走する現状、預金額などを赤裸々に告白した。負債約4億円のうち約2憶2000万円を返済し、残りは約1憶8000万円と打ち明けた。預金は「ユーチューブの制作費用などがかかるので、1000万円は残すようにしている」という。

 MCの極楽とんぼ・加藤浩次(51)から「すごい!強いね」と称賛されると「逃げたら全部終わると思う。この道で活動したかったら、自分のした事をちゃんと反省して、償うべきだと思う」「ちゃんと行動に移して見せることが大事」と力を込めた。

 現在はユーチューブ、銀座のクラブ、バーレスクの犹安のわらじ瓩覇き「私的には半年で返済するのが目標」と早期完済を誓った。

 なお、番組ではネットニュースについての悩みを告白。「使われる写真が10年前のもので全然盛れていない」とうなだれた。加藤から「今、ここで撮影したものを使ってもらえばいいじゃん」のアドバイスを受け、番組内で自撮り。「これからは、この写真を使ってください」と呼びかけた。