新型コロナ感染拡大に伴い緊急事態宣言が発令された直後の秋葉原(時事通信フォト)

写真拡大

 繁華街などでよく見られる客引き行為をする人たち、いわゆる「キャッチ」は、今では多くの街で迷惑防止条例のもと禁止行為とされている。キャッチはたいていの繁華街では圧倒的に男性が担っているが、秋葉原ではメイド姿のキャッチが路上のそこかしこに立っていることでも知られていた。ライターの宮添優氏が、新型コロナウイルスによる自粛を経て、秋葉原のキャッチに起きた変化についてレポートする。

【写真】ビラ配りするメイド姿の女性

 * * *
「コロナの影響か、一時期はいなかったんだけどね。また戻ってきたんだよ…。鬱陶しいったらありゃしないし、あんな年頃のお子さんたちがねえ。親御さんはご存知なのかしら」

 東京・秋葉原の中央通りから一本入った路地に佇み、ため息混じりに話すのは、近くで飲食店を営む本城徹さん(仮名・50代)だ。視線の先には、電気店や飲食店といった営業中店舗の電飾が輝いているが、新型コロナウイルスの影響で街には完全に人は戻らず閑散としている。だから目立つ、のかもしれないが、数メートルおきにメイド服や高校生風の制服をまとった女性が立っている。

「全員、ガールズバーやリフレの従業員で、客引きとして街頭に立っているのです」

 彼女たちがいわゆる「キャッチ(客引き)」であると指摘するのは、大手紙の警視庁担当記者。新宿・歌舞伎町や台東区上野の繁華街同様に、秋葉原エリアを擁する千代田区の条例でもキャッチは禁止されているはずだが、取締りに当たる管轄警察署などの指導や警告に従わず、彼女たちの行為は日々エスカレートしてきたという。

「本当は声かけも法に触れるのですが、客の手を引っ張る、体を触る。中には胸や下半身を見せるなどして勧誘する場合もありました」(警視庁担当記者)

 特に秋葉原で目立つのは「リフレ」と称して運営している営業店である。リフレは足つぼマッサージの一種であるリフレクソロジーの略で、他にも肩もみ専門、耳かきなどの身体接触のあるサービスを、メイドなどのコスプレをした女性が提供するのが秋葉原の定番だ。もちろん、きちんとした資格取得者によるサービスを男女ともに提供する、施術者がコスプレしているだけ、という店舗もある。しかし逆に一部店舗では、法に触れる性的サービスを提供したり、身分を詐称した女子中高生が働いていたことも発覚。そうした店は摘発もされた。前出の本城さんがいう。

「コロナで、彼女たちがいなくなって本当にホッとしていたんだ。店にくる人たちも、キャッチが多すぎるし、怖くて店に入れないといっていた。ところが8月の終わりころからまたいるんだ。しかも、私が通勤のために通っても声をかけてくる。以前は近所の店のおじさん、と理解してくれていたけど、新しい子が入ったのか、なりふり構わずやっているのか……」(本城さん)

 本城さんの店を出た瞬間、黒と白のメイド服姿、チラシを手にキャッチ行為に励む女性に声をかけられた。近くのメイドカフェの従業員、約一時間いて数千円、ソフトドリンクとビールが飲み放題だというが、驚いたのはその声かけの方法だ。

「お兄さん、私もう死にそう。お金ないんだもん、本当に困ってるの。自殺したら嫌でしょう?」

 こんなことを猫なで声で突然言われたのだから、呆気にとられるしかなかった。自称女子大生で、コロナの影響で仕事がなく、感染は怖いが頑張っていると言う。また、しきりにサービスをする、と強調する。どんなサービスなのだと問えば「癒してあげる」とのこと。手を引っ張られた瞬間に思わず、条例違反ですけど話を聞かせて、と声をかけると……。

「あ、警察かマスコミの人? 邪魔だから来ないでね」

 こういってにこやかな笑顔を作り、足早に路地裏に消えていくのであった。本城さんが続ける。

「彼女たちにも生活があるのはわかるけど、どんどんエスカレートしてるよ。映画やドラマで出てくる、東南アジアの夜の歓楽街があるじゃない? あれと一緒。コロナの前より客引きの女の子が多いんじゃないか、とも商店街の人と話しているよ」(本城さん)

 不景気になったら街が賑やかになるという皮肉。生きるためには、なりふりかまっていられない、というのも理解はできる。ただ、このまま行為がエスカレートすれば、悲惨な事件が起きるのも必至。いくら当局が締めつけても、報道が取り上げても、彼女たちはまた帰ってきた。排除するだけではない、もっと本質的な部分にある問題を捉えないと、彼女たちも、住民や街の不安も消えることはない。