グランド・プリンセス号の船内の様子を語った女性(画像は『ABC 14 News 2020年3月9日付「People Fighting Over ‘Rotten’ Food On Coronavirus-Stricken Grand Princess Cruise: Passenger」』のスクリーンショット)

写真拡大

検疫のために2月に横浜沖に停泊した「ダイヤモンド・プリンセス」号では「政府の対応が後手に回り、新型コロナウイルスの集団感染が広がったのではないか」との批判が出ていたが、今月5日から米カリフォルニア州サンフランシスコ沖に停泊中だったクルーズ船「グランド・プリンセス」号では現地時間9日、乗客の下船が始まった。閉じ込められていた乗客の声を『ABC 14 News』『New York Post』などが伝えている。

2月に乗船した71歳の男性客が新型コロナウイルスに感染し死亡したことが判明し、今月5日からサンフランシスコ沖合に停泊していた「グランド・プリンセス」号だが、現地時間9日午後にオークランド港に入港し、乗客の下船が始まった。

「グランド・プリンセス」号の船内ではこれまで21人の感染が確認されているが、10日にも約2400人の乗客全員が下船する予定になっており、症状が出ていない乗客は14日間隔離されて検疫が行われる。狭い船内から解放される乗客にとっては一安心といったところだろうが、束の間のパラダイスを求めて乗船した乗客にとっては最悪なバケーションとなってしまったようだ。

イギリス人乗客140人のうちの1人、マーガレット・バートレットさん(Margaret Bartlett、77)は、まだ下船が始まる前の船内の様子を次のように明かした。

「私の部屋はバルコニーがないの。部屋から出られないのだから最悪よ。それに10部屋先の方は亡くなったわ。遠くには陸が見えるし、太陽だって輝いているのに、私たちは部屋から出られないなんて。早く何とかしてくれないと、頭がおかしくなりそうよ。食事は足りないし腐っているから、そのことでひと悶着起きるわけよ。」

また別の乗客は6日、ツイッターで「もう午後11時30分になるけど、食事は供給されてないんだ。明日は改善されるといいな」とツイート、8日には別の乗客が「今夜は食事が出ないって聞いたよ。もう食材がないらしい。昼は少しのサラダだけだったし、朝だって小さな器に入ったフルーツだけ。誰か、早く何とかしてくれよ」とツイートしている。

ちなみに「グランド・プリンセス」号の姉妹船で約700人の感染者を出した「ダイヤモンド・プリンセス」号では、船内で待機中の乗客の一人がクルーズ船のパティシエを「ヒーロー」と称賛していた。女性は米ベストセラー作家のゲイ・コーターさん(75)で「食事がどんどん美味しくなっているのよ! パティシエはあらゆる種類の素晴らしいデザートで私達を楽しませてくれるのよ」と絶賛していた。

なお米政府は8日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて「クルーズ船には乗らないように」との勧告を出しており、米株式市場ではクルーズ船株が急落している。画像は『ABC 14 News 2020年3月9日付「People Fighting Over ‘Rotten’ Food On Coronavirus-Stricken Grand Princess Cruise: Passenger」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)