テレビ山口本社=2019年11月14日午後3時23分、山口市大内千坊6丁目、伊藤宏樹撮影

写真拡大

 TBS系列のテレビ山口(山口市、tys)が今月放送した情報番組で、街頭で取材した性的マイノリティーの人を「珍 女性のような男性」と字幕で取り上げた問題で、テレビ山口は15日、自社のホームページ(HP)に「不適切な放送をしてしまいました」などとするおわびを掲載した。

 番組は、今月放送された情報番組「週末ちぐまや家族」。HPには「番組制作者が諸事情への配慮に欠け、取材対象者に対する確認を怠ったことが原因で、会社として深く反省しております。ご本人ならびに関係者の方々にお詫(わ)び申し上げます」と記載した。今回の放送に至った経緯や原因を検証し、再発防止に努め、研修などを実施するとしている。

 テレビ山口によると、同社には15日朝から電話やメールで「認識が足りない」などという抗議が複数寄せられた。一方で「番組を今まで通り放送してほしい」との意見もあったという。

 池田泰・総務局長は「取材を受けていただいたご本人や視聴者の皆さまにおわびを申し上げます」と話した。16日放送予定の同番組内でも出演者が謝罪するという。