土屋礼央の「ざっくり聞くと」(第11回)〜声優ってどんな仕事?野中藍さん・白石涼子さんインタビュー〜

土屋礼央(以下 土屋): 土屋礼央の「ざっくり聞くと」、今回のテーマは「声優」です。人気声優のお二人をお招きして、声優になるには? 声優として歌手デビューするには? 声優さんの将来像って? そして声優業界の裏表まで、なんでもざっくりと思い切って聞いちゃおうと思っております。本日のゲストは、青二プロダクションの野中藍さん、白石涼子さんです。よろしくお願いします!

白石涼子(以下 白石): よろしくお願いします!

野中藍(以下 野中): よろしくお願いします。

◇「(声優は)オンとオフがしっかりしている気がする。」


土屋: お二人は事務所の先輩後輩なんですよね。どちらが先輩なんですか?

野中: 私、野中が一つセンパイです。

白石: こう見えて私、後輩です。どう見えてますかね(笑)?

土屋: 正直、逆かと(笑)。この業界、上下関係は厳しいんですか?

野中: どう思います? 後輩の白石さん!

白石: え!? そんなキャラ設定(笑)? 厳しいけど、しっかり縦社会があるから逆に気持ちいよね。“みんな友達”みたいな馴れ合いがないから。

野中: そうだね!オンとオフがしっかりしている気がする。業界に入った時は、普通の社会人と一緒なんで、飲み会の立ち居振る舞いとかが困りました。

白石: お酒作ったり、注文したり…。飲み会に「行かない」という選択はないですよね。

野中: ないない。行かなきゃいけない。

白石: 行かなかったけど(笑)。

野中: (笑)。

白石: だから、正直私は後輩に対して「あーだ、こーだ」思うことはないけど、私自身は先輩からはどう思われたんだろうな…「生意気だ」「コイツ、自由だな」と思われていたんじゃないかな。だから私「よく今ここにいられるなぁ、ありがたいなぁ」と思います。

野中: (笑)。