アヴリル・ラヴィーンがライム病で5か月闘病 「死ぬかと思った」

ざっくり言うと

  • アヴリル・ラヴィーンが、ライム病で5か月間寝たきりの状態が続いていた
  • 米芸能誌のインタビューで「死ぬかもしれないと思った」と回想している
  • アヴリルは長期にわたり公の場に姿を見せず、臆測が飛び交っていた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング