アップル新デザイナー、ショットガンを再考する

写真拡大

500年続く伝統をもつガンメーカーのショットガン。そこには、積み重ねられてきた歴史への尊敬と、現代技術がもたらした加工技術と、いま注目を集めるデザイナーの意志とが込められている。

SLIDE SHOW FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN 「アップル新デザイナー、ショットガンを再考する」の写真・リンク付きの記事はこちら
02newson_0000_layer-3

2/6リロード時に銃身を解除するレヴァーは施された渦巻き部分にすっきりと設置され、その用途を明確にアピールしている。

03newson_0004_layer-5

3/6レザー加工された繊細な彫刻は狩り競技用としてアジアからヨーロッパに輸入されたうずらが描かれている。

04newson_0006_layer-2

4/6引き金を覆うトリガーガードは大抵、ネジで固定されたシート材だが、ニューソン氏はこれを圧延する事で銃の機関部の一部となるようにした。

05newson_0003_layer-6

5/6引き金や充填メカニズム、そして安全装置から成る金属部分は、ニューソン氏の技術的知識の高さを示す箇所となっている。

06newson-gun-fix

6/6486の安全スイッチは木製のブリッジと独立して装着されており、機関部へのコネクションを隠しながらも安全への注意を喚起させる存在感を放っている。

Prev Next PAUSE EXIT FULL SCREEN 01newson_0005_layer-4

特別顧問として最近アップルに入社したマーク・ニューソンは銃器メーカー、ベレッタと組み現代にリデザインされたショットガン、486の設計に携わっていた。

02newson_0000_layer-3

リロード時に銃身を解除するレヴァーは施された渦巻き部分にすっきりと設置され、その用途を明確にアピールしている。

03newson_0004_layer-5

レザー加工された繊細な彫刻は狩り競技用としてアジアからヨーロッパに輸入されたうずらが描かれている。

04newson_0006_layer-2

引き金を覆うトリガーガードは大抵、ネジで固定されたシート材だが、ニューソン氏はこれを圧延する事で銃の機関部の一部となるようにした。

05newson_0003_layer-6

引き金や充填メカニズム、そして安全装置から成る金属部分は、ニューソン氏の技術的知識の高さを示す箇所となっている。

06newson-gun-fix

486の安全スイッチは木製のブリッジと独立して装着されており、機関部へのコネクションを隠しながらも安全への注意を喚起させる存在感を放っている。

イタリア製銃器メーカー・ベレッタは、マエストロ、バルトロメオ・ベレッタがヴェニスの兵器庫でライフルを生産し始めたとされる1526年に創設された。

ルネッサンス期である当時、ヴェニスは現在のようなハネムーン御用達の地ではなく、世界強国として君臨していた。時は流れて最近では、現代のショットガン「486」を設計していたマーク・ニューソンが特別顧問としてアップルに入社した。

(関連記事)ニューソンはアップルに何をもたらすのか

銃器のデザインにおいては、高い技術と人間中心的要素を兼ね揃えたハイブリッド型が主流である。銃身は厳しい規格に合わせて製造されているが、グリップと銃床は手にフィットするように芸術的な彫刻が施されている。

ニューソン氏はこれら2種類の形状を融合させようとしていた。「486のデザインにおいてフォーカスしたのは、すべての面を質素で合理的にすることでした」と彼は書いている。「特に、アクション部分の効率化に注力しています」。

彼の言う「アクション」とは、引き金や充填メカニズム、そして安全装置からなるメタル部分で、ニューソン氏のテクノロジーへの造詣の深さを示す箇所となっている。トリガーガード(引き金のまわりの金属部品)は大抵、ネジで固定されたシート材だが、彼はこれを圧延することで機関部の一部となるようにした。

器用にも486の安全スイッチは木製のブリッジと独立して装着されており、機関部へのコネクションを隠しながらも安全への注意を喚起させる存在感を放っている。同様に、銃弾を再装填する際に銃身を解除するレヴァーはすっきりと設置され、その用途をしっかりとアピールしている。

また、レーザー加工された繊細な彫刻で、狩り競技用としてアジアからヨーロッパに輸入された「うずら」が描かれている。ニューソン氏はその鳥たちの群れを、オマージュとして使用した。

「わたしは日本の文化の、特にサイズやディテールに対する多様な捉え方に魅了されています」と、彼は述べている。「そこで、日本の刺青や複雑な彫刻を行う職人たちの技能を調べたのです」。

ニューソン氏による486は、500年近くも続く企業の、歴史に対する賛辞であるといえる。また同時に、現在の技術によってのみ可能とされるデザインも兼ね備えている。

ストック(銃床)とフォアエンド(前床)はクルミ材で出来ており、まるで17世紀イギリスのフェアファックス卿による有名なキツネ狩りで使用されるものとしてふさわしい姿だが、ぎざぎざのあるグリップは最新のミリング加工とロボット製造ツールを使用している。

これは、現在われわれが手にすることのできる「iGun」と言えるのかもしれない。

(関連記事)ニューソンが親友ジョナサン・アイヴがとキュレーションした40点

TAG

AppleBerettaDesignDesignerGunHeadlineNewsMarc NewsonWIRED US