とても仲の良い親子であるウィル・スミスとジェイデン・スミス (c)Hollywood News

写真拡大

14歳の俳優ジェイデン・スミスがSF映画『アフター・アース』(6月20日日本公開)で共演した父ウィル・スミスにインタビュー中に口に無理矢理キスをされてパニックになったことが話題になっている。

ジェイデンとウィルは同映画の宣伝のためにタイのテレビ番組「ザ・ウッディー・ショー」に出演した。そこで司会者のウッディー・ミリンタチンダが「同映画では軍人である父と息子の間に距離があるのですが、2人は家でも同じような感じなのですか?」と聞くと、ジェイデンは「そんなことないよ」と答え、ウィルは「僕たちは親密なんだ」と言いながらジェイデンの体をさわり始める。ジェイデンはそれが嫌だったようで、ウィルから逃れようとしていた。

そこで司会者のウッディーが「タイのテレビで2人はキスをしたことがありますか?」と聞くと、ウィルはニヤニヤしながら「息子だからキスくらいできるよ」と言って、ジェイデンの顔をつかんで、無理矢理彼の口にキスをしたのである。ジェイデンは父にキスをされたことでパニックになり、「おえー! なんてこった! こんなの間違ってるよ!」と叫びながら立ち上がって、もだえ苦しんでいた。そんなジェイデンを見て、ウィルはただ楽しそうに笑っていたのであった。

タイのテレビ番組なので母国アメリカでは放送されなかったのだが、ジェイデンの反応があまりに面白いために、このキスの様子はネットで全世界に広まっている。14歳という年頃のジェイデンは、父親に口にキスをされて、恥ずかしくてたまらなかったにちがいない。2人の仲の良さがうかがえるエピソードであった。【村井 ユーヤ】