愛があってもちょっと待て!「結婚に向かない男」の特徴5パターン

写真拡大

一緒にいると楽しくて大好きだけど、いざ「結婚」となると不安が残る…。ただの彼氏なら問題がなくても、「夫」にするのはやめたほうがいい男性とは、いったいどのようなタイプなのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケート調査を参考に、「愛があってもちょっと待て!『結婚に向かない男』の特徴」をご紹介します。

【1】経済力がなく、それをどうにかしようとも思っていない男性
「『私が頑張るから大丈夫』と夢見るバンドマンと一緒になったりするのは、やっぱりリスクが高すぎる」(20代女性)など、最低限の経済力もない男性を伴侶にするには、相当な覚悟が求められるようです。何らかの事情があって現在は低収入でも、いざとなったら何をしてでも稼ごうという気概がある男性であれば、その限りではないでしょう。

【2】いつも他人任せで、責任感がない男性
「私の言うことを聞いてくれるところが好きだったけど、実は何も考えてないだけだった」(20代女性)など、自分の意見というものがない男性も、生涯を共にするパートナーとしては頼りないかもしれません。「優しい人」なのか、それとも「主体性がない人」なのかを早い段階で見極めて、後者であれば交際の継続自体を考えたほうがよさそうです。

【3】自分で決めたルールにこだわり、譲歩することができない男性
「『うちの実家ではこう』みたいなのをゴリ押しする人だと、いろいろトラブルが起こる予感」(20代女性)など、付き合う相手を自分の流儀に従わせようとする男性とは、一緒に生活するだけで疲れてしまいそうです。お互いに納得できる落としどころを見つけられないと、自分ばかりが我慢を強いられる人生になってしまうのではないでしょうか。

【4】浮気性で、一人の女性に人生をささげる気などない男性
「どうせ浮気するんだろうなって感じの人は、さすがに結婚相手としてはNG」(10代女性)など、自他ともに認める「女好き」の男性を夫にするのは、みずから不幸な道に飛び込むようなもの。「私だけは特別だと言ってくれている」と信じたくなる気持ちはわかりますが、迷いがあるなら、冷静な女友達にジャッジを仰ぐといいでしょう。

【5】安定を好まず、フラフラした生き方をやめられない男性
「『何とかなるよ』と定職に就きたがらない元カレは、今思えば問題を先送りにしているだけだった」(20代女性)など、いい年になっても「生き方の芯」が定まらない男性は、ただのモラトリアム人間なのかもしれません。将来どうしたいのかを尋ねてみて、それなりの回答が得られないのであれば、どこかの時点で見切りをつけても罰は当たらないでしょう。

焦って結論を出す必要はないかもしれませんが、長期的に見て「時間の無駄」にならないよう、シビアな判断も必要でしょう。(玉川きみか)