緊急入院の長嶋茂雄さん、病状は…?(写真/共同通信社)

写真拡大

 元プロ野球選手の長嶋茂雄さん(82才)が7月中旬に、黄疸の症状が出て緊急入院していたことが明らかになった。緊急治療を施したものの、8月上旬の時点では一進一退を繰り返しているという。

「アンチ巨人はいてもアンチ長嶋はいない」といわれるほど、長嶋さんは誰もが愛した4番バッターで、言わずもがな、野球界を超えた唯一無二のスターだ。その長嶋さんが結婚したのは1965年。長嶋さんは29才、亜希子夫人は22才だった。披露宴はホテルニューオータニ。国民的大スターの結婚に日本中が祝福した。

「亜希子さんは田園調布雙葉学園出身で、出版社の社長令嬢。英語、フランス語をマスターした才女。東京五輪のコンパニオン時代に長嶋さんと出会いました。一目ぼれした長嶋さんは亜希子さんに毎日電話をかけての猛アタック。交際スタートから40日で婚約、約100日後の1965年1月に結婚という超スピード婚だったことも、長嶋さんらしかった」(スポーツ紙ベテラン記者)

 結婚生活は順風満帆だった。2男2女に恵まれた。きょうだいのうち、父親の影響を最も受けたのが長男の一茂と次女の三奈だった。

「一茂さんは子供の頃から長嶋さんに連れられて球場を訪れています。長嶋さんが試合に集中していたあまり、一茂さんを後楽園球場に忘れて帰宅したことは有名な話です」(前出・ベテラン記者)

 父の影響で野球を始めた一茂は父と同じ立教大学に進み、1987年のドラフトでヤクルトに入団。長嶋さんの監督就任を機にトレードで、1993年に巨人に入団した。現役引退後はタレントやキャスターに転身。三奈もテレビ朝日に入社しスポーツキャスターとして活躍。テレ朝を退社後は、フリーキャスターとして活躍した。

 1999年、西武ドームで行われたプロ野球サントリーカップでは、長嶋さんの元へ一茂と三奈が取材で訪れ、長嶋ファミリーが揃ったこともあった。

◆夫人と子供4人で14時間体制

 長嶋家は日本中が憧れる“幸せな家族”の象徴だった。

「国民的スターで何をするのにも注目が集まり、“長嶋茂雄を演じるのも大変なんだよ”と本人がこぼしたこともあるほどでしたが、長嶋さんにとって田園調布の自宅と愛する家族は本当に心が休まる存在だったと思います。プロ野球は結果がすべてなので、負けが続くと長嶋さんだけでなく“妻が悪い”“家族のせいだ”と叩かれることもあり、家族も相当なプレッシャーがあったでしょうが、亜希子さんは表に出ずに支え続けていました」(前出・ベテラン記者)

 長嶋家に転機が訪れたのは、2004年3月4日だった。その日、予定の時間を2時間過ぎても自宅から出てこないことを不審に思った運転手が、長嶋さんの部屋に入ると、意識朦朧とした長嶋さんが倒れていた。そのまま、運転手に背負われて大学病院に運ばれたが、重篤な状態だった。

 当時は野球の日本代表監督を務めアテネ五輪を控えていた時期。日本中が“長嶋ショック”に見舞われる中、家族の献身的な看病が始まった。

「一命はとりとめたものの、厳しい状況でした。倒れたとき、長嶋さんは自宅にたったひとりだったということで、家族を責める心ない声もあった。それでも、亜希子さんときょうだい4人が一致団結し、24時間体制で連日病院に詰めていました。そのかいあって、意識は戻り、入院1週間後にはリハビリが許されるようになりました。

 とくに三奈さんは24時間付き添っていたそうです。甲子園大会の取材をすべてキャンセルし、リハビリの手助けに時間をあてて、ガリガリにやせてしまうほどでした。長嶋さんは右半身に麻痺が残り、言葉も出づらくなり、本人もつらかったはずですが、厳しいリハビリに挑んでいました」(長嶋家の知人)

 後遺症のある右手が次第に自力で動かせるようになり、言葉も少しずつ明瞭になっていった。しかし、回復に向かうのとは裏腹に、家族にはすきま風が吹き始める。

「長嶋さんの復帰時期を巡って家族間で意見が食い違いました。心配する多くのファンを早く安心させてあげたいと考えた一茂さんに対して、三奈さんは、お父さんのプライドや名誉を考え、完全に前の姿に戻るまでは公の場に立つべきではない、無理はさせたくないという考えでした」(前出・ベテラン記者)

 2005年7月3日の東京ドーム・巨人−広島戦にミスターは姿を現した。ベージュのジャケットにストライプのネクタイを締めた長嶋さんが一茂に付き添われ、488日ぶりに公の場に姿を現すと東京ドームが大歓声に揺れた。

「一茂さんは当時、巨人の球団代表特別補佐に就任しており、プロ野球の人気回復を狙う読売グループ上層部によるミスター復帰要請を断れなかったという話でした。一茂さんとしても苦渋の決断だったと思います」(前出・ベテラン記者)

 その日のスタンドに三奈の姿はなく、一茂とともに長嶋さんに付き添ったのは主治医を含む4人の医師だった。

◆ミスタースマイルを欠かさなかった

 2007年9月、亜希子夫人が心不全で急逝した。

「一茂さんと三奈さんの間を亜希子さんがうまく取り持っていました。彼女が亡くなってから、一茂さんと三奈さんはそれぞれの道を歩むようになりました」(前出・長嶋家の知人)

 それまで長嶋さんに関する仕事や商標登録は、亜希子夫人が代表取締役を務める個人事務所『オフィスエヌ』が主体的に行っていた。

「『オフィスエヌ』は三奈さんが継ぐことになりました。でも、一茂さんの個人事務所『ナガシマ企画』が、『長嶋茂雄』の商標登録申請を行っていたことが判明したんです。そもそも商標登録は、『オフィスエヌ』が取得していたのでそこでも行き違いが出てしまった」(球界関係者)

 一茂は結婚後、双子の娘を連れてたびたび田園調布の自宅を訪れ、ひとり暮らしの長嶋さんを喜ばせていた。

「それから三奈さんも一茂さん一家と張り合うように、ことあるごとに実家に立ち寄るようになり、一茂さん一家は足が遠のくようになっていった。長嶋さんも心を痛めていたと思います」(前出・球界関係者)

 それでも、長嶋さんは開幕前の球団のキャンプ地に足を運んだり、ゴルフのイベントに出たり、“ミスタースマイル”を欠かさなかった。

 現在、長嶋さんが入院する病室に一茂の姿は見られないという。

「一茂さんは今最も忙しいタレントといわれる仕事ぶりなので、なかなか顔を出せない状況でしょう。ただ、今は三奈さんが病室につきっきりでいると聞きました。それも姿が見られない一因なのかもしれません」(前出・長嶋家の知人)

※女性セブン2018年8月23・30日号