連日暑い日が続く中、エアコンの設定温度や室温を気にかけているだろうか? 「クールビズ」は「室温28度」を呼びかけているが、実は科学的根拠が怪しいだけに、ネットでは自らのベスト室温を求めて、設定温度を苦心しながら探求する声が相次いでいる。

「室温28度」根拠問題のきっかけは昨年5月、クールビズ導入当時の2005年に環境省の担当課長だった盛山正仁法務副大臣(2017年5月当時)が、設定温度28度に「科学的根拠がない。なんとなく始めた」などと発言。これに対して、山本公一環境大臣(同)が「28度には根拠がある」「当時のオフィスの室温はだいたい26度。ネクタイを外せば2度下がるため、28度にしたと聞いている」などと反論したことで話題となった。

環境省のサイトによると、「クールビズ」開始時に「建築物における衛生的環境の確保に関する法律施行令」と労働安全衛生法の「事務所衛生基準規則」で定められた17度以上28度以下の室温設定範囲に基づき、「冷房時の室温28度」としたという。つまり法律がもとだというわけだ。

さらに、「室温28度」はエアコンの設定温度ではないとしたうえで、「立地や空調施設の種類などの建物の状況、室内にいる方の体調等を考慮しながら、無理のない範囲で冷やし過ぎない室温管理の取組をお願いする上で、目安としているものです」と呼びかけている。

それでは一体、「冷やしすぎない室温」になるエアコンの設定温度とは何度なのか。

Twitterでは、

“エアコン28度だと、ちょっと暑い場合も多いですよね。。。”
“室温がめっちゃ暑いと思ったらエアコン28度になってた。いかん、もう少し下げないと猫も熱中症になっちゃう。”

と28度では暑いとする意見が多数見受けられる。ただ、

“職場も家もエアコンの温度26度で寒すぎて、パーカー着て、ブランケット使ってる”
“エアコンて何度が正解なのか未だによく分からない28度は暑い27度もちょっと暑い26度はクソ寒い”

と26度は寒いとする指摘も出ている。いろいろ試行錯誤したとおぼしきユーザーからは、

“27度は寒い。28度は暑い。27.5度が欲しい。うちのエアコンの話。”
“エアコン27度じゃちょっと寒いし、28度だとちょっと暑い早急に27.5度の実装をしていただきたい”

と27.5度がちょうどいいのではないかという声もあった。

まだまだ暑くなる気配がある今年の夏は、例年以上に多くの人を手こずらせそう。マイ・ベスト温度を手探りで探していくしかない。

(山中一生)

■関連リンク
山本環境相「28度は根拠ある」クールビズの冷房設定‐毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20170512/k00/00e/040/262000c
クールビズ - COOL CHOICE - 環境省
https://ondankataisaku.env.go.jp/coolchoice/coolbiz/article/action_detail_004.html