22日、日本の安倍晋三首相のある行動に、中国のネットユーザーから称賛の声が寄せられている。写真は号外。

写真拡大

2018年6月22日、日本の安倍晋三首相のある行動に、中国のネットユーザーから称賛の声が寄せられている。

中国・東方ICは、21日に安倍首相が大阪北部地震の被災地を訪れたことを紹介。9歳女児が倒壊したブロック塀の下敷きになって亡くなった高槻市立寿栄小学校の現場で献花したことなどを写真付きで伝えた。

安倍首相は自身のツイッターで「子どもたちの安全を第一に、このような痛ましい事故を二度と起こさない。学校の安全確保に万全を期すため、ブロック塀の安全点検を全国で緊急的に実施します」「改めて、今回の地震によりお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りし、ご遺族の皆様に哀悼の意を表します。そして、全ての被災者の皆様にお見舞いを申し上げます」とつづった。

この報道に、いつもは安倍首相に批判的な中国のネットユーザーからは「国民に近い良い指導者だ」「安倍首相にいいねを」「これこそ、一国の指導者のとるべき姿勢」「悪くない指導者だよ。日本人にとっては幸せだ」「うそ偽りのない人なのだろう」「これが形だけであったとしても、国民に寄り添う印象を与えるのは良いことだ」など、意外なほど称賛の声が集まっている。

他には、「すべての幼い命が尊重される。現代社会の模範だな」といった声や、「君たちの行動の一つひとつが、ある人々を気まずくさせているんだよ」といった声も寄せられている。(翻訳・編集/北田)