別人格が万引きと認定 刑事責任能力を限定的とする異例の判決

ざっくり言うと

  • 窃盗罪に問われた30代女性の裁判で、極めて異例の司法判断が下された
  • 東京高裁が、解離性同一性障害により女性とは別人格が犯行に及んだと認定
  • 刑事責任能力を限定的とする判決は、同種事例に影響を与える可能性がある

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング