2018年2月26日からスタートするモバイルワールドコングレスに先立って開催されるSamsungのイベントの中で発表されることが明らかになっているのが、次期フラグシップモデルである「Galaxy S9」です。発表を目前にして画像や詳細なスペックが流出していたのですが、新たにムービーが流出しておりその全貌が明らかになっています。

Samsung’s Galaxy S9 launch video leaks out - The Verge

https://www.theverge.com/2018/2/24/17048814/samsung-galaxy-s9-mwc-2018-launch-video-leak

リークされたというムービーは以下のもの。

Official Galaxy S9 and S9+ launch video surfaces early - YouTube

これが新しいSamsungのGalaxy S9。





急速に増え続けているモバイル端末ユーザーのニーズを満たすため、Samsungがスマートフォンを「再考」したものとのこと。



Galaxy S9の「シームレスマルチタスキング」により、複数アプリをスムーズに利用可能となります。



さらに、新機能の「Samsung DeX」も搭載されています。専用の「DeXパッド」にGalaxy S9を置くと……



画面上に「Samsung DeX」と表示され……



DeXパッドに接続したディスプレイ上に、スマートフォンを出力して操作可能になります。Windows 10 Mobile搭載スマートフォンをPCのように操作できるようになる「Continuum」や、携帯ゲーム機としても据え置き型ゲーム機としても使用できるNintendo Switchのようなアイデアです。



ディスプレイに映像を出力している最中は、Galaxy S9をトラックパッドや……



キーボードとして利用可能。



DeXでは複数ウインドウを開いたり、ひとつのアプリケーションを全画面で表示したりできます。



最新データをスマートフォンの中に入れて持ち歩くことで、スマートフォンがビジネスシーンでより活躍できるようになります。



また、Galaxy S9では「Bixby Live Translation」と呼ばれるリアルタイム翻訳機能がカメラに搭載されています。カメラに映し出された「Controlador Secundarion」という文字が……



「Secondary Controller」という英文に翻訳されました。Google翻訳アプリのリアルタイム カメラ翻訳機能が標準カメラに搭載されているような感じ。



さらに、カメラモードを「AR」に変更すれば……



カメラが映した機器やポートの名称が画面上に表示されます。このようなAR対応アプリを開発すれば、さまざまなビジネスにスマートフォンを導入していくことが可能になります。



また、Galaxy S9はIP68の防水・防塵に対応しているため雨の中で使ってもOK。水濡れを心配する必要はありません。



Samsungのモバイル向けセキュリティプラットフォーム「KNOX」のバージョン3.1を搭載。



さらに、複数の生体認証機能をサポートしています。画面上の時計の上には「目」のアイコンが表示されており……



ディスプレイ上部のベゼル左端が赤く光るとロックが解除されます。これはGalaxy S9の虹彩認証機能。



端末背面には指紋認証センサーも搭載しており、指を置くだけでロックを解除できます。



Galaxy S9では業務データと個人データが抜け目なく分離されているそうで、もし誤って端末が持ち主以外の手に渡っても、端末内のデータはしっかりと保護されるとのこと。



加えて、Galaxy S9は企業向けのエンタープライズ版が用意されており、よりビジネスに特化した機能が複数用意されています。簡単にカスタマイズ設定が可能となり、すべての端末を24時間365日統合管理することができます。



また、ファームウェアはOTAアップデートに対応しているため、遠隔操作で端末を常に安全な状態にアップデートすることができます。



さらに、エンタープライズ版にはメンテナンスサポートや製品の延長保証、最大4年間のセキュリティアップデートなども含まれています。