槙野智章のSNSが沈黙【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

 浦和レッズが10年ぶり2度目のアジア制覇をかける、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝第2戦が、25日19時15分に埼玉スタジアムでキックオフを迎える。アル・ヒラル(サウジアラビア)との第1戦を1‐1で引き分けているレッズは、勝利はもちろんのこと、スコアレスドローでも優勝が決まる。最終ラインで際立つ強さと存在感を放ち、定位置を奪いつつあるハリルジャパンから好調を持続しているDF槙野智章(30)は一世一代の戦いを熱く、そして冷静に待っている。(取材・文:藤江直人)

---------

決戦に向けた、かつてない沈黙

 頻繁に更新されてきた槙野智章のインスタグラムが、19日を最後に途絶えている。最後に投稿された写真は、浦和レッズの一員として臨み、敵地サウジアラビアでアル・ヒラルと1‐1で引き分けたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝第1戦を前にピッチ上で集合しているカットだ。

「価値ある引き分け! 25日最高の日にするべく、人生かけて闘います!!」

 写真にはこんな言葉が綴られている。ハリルジャパンのヨーロッパ遠征から続いた長旅を終えて帰国し、練習を再開させて埼玉スタジアムが舞台となる25日の第2戦へ精神を高めてきた。その過程でインスタグラムはもちろんのこと、連動するツイッターにも新たな投稿はない。

 唯一リツイートされたのは、ACL決勝第2戦を告知するJリーグによる投稿だった。それだけ「戦う」ではなく「闘う」と位置づけた、運命の大一番にかける熱い思いが伝わってくる。

 心技体で最も充実の時を迎えている選手、といっても過言ではない。連敗こそ喫したものの、FIFAランキング2位のブラジル、同5位のベルギー両代表と対峙したヨーロッパ遠征で、センターバックとして2試合ともにフル出場を果たして奮闘した。

 そして、GK西川周作やMF長澤和輝ら、ハリルジャパンに選出されていた5人でベルギーからフランクフルトを経由して、ほぼ1日をかけてサウジアラビアの首都リヤドへ。中3日で行われた第1戦でも、センターバックとして先発フル出場。精神的にも肉体的にもタフだった90分間の末に手にした、アウェイゴールをもぎ取ってのドローは「価値ある」と位置づけていい。

 第2戦では勝利はもちろんのこと、スコアレスドローでも10年ぶり2度目のアジア制覇が決まる。センターバックのマウリシオが累積警告による出場停止から復帰する第2戦では、今シーズン途中から主戦場としてきた左サイドバックでプレーする可能性が高い。

日々の積み重ねが結実。30歳でさらなる飛躍

 アル・ヒラルは第1戦で、左サイドバックに入った宇賀神友弥の背後を徹底して突いてきた。前半37分のFWオマル・ハルビンの同点ゴールも、レッズから見て左サイドへのロングボールを中央に折り返され、パスをつながれた末に喫していた。

 第2戦へ向けて、堀孝史監督は3日連続で非公開練習を行って情報を遮断し、同時にチーム全体の士気を高めてきた。どちらのポジションを託されてもいいように、槙野は「両方ができることは僕の強みです」と心技体を磨き上げて決戦の朝を迎えた。

 厳しい檄や激しい批判を糧に変えて、30歳を迎えた今シーズンで成長を遂げた。たとえばハリルジャパンでは、ワールドカップ・ロシア大会出場を決めた後の10月シリーズから、吉田麻也(サウサンプトン)に次ぐセンターバックの序列を昌子源(鹿島アントラーズ)との間で逆転させた。

 ハリルジャパンへは2015年3月の発足時から、けがをしていた期間を除いて常に招集されてきた。もっとも、待っていたのはヴァイッド・ハリルホジッチ監督の厳しい言葉の数々だった。

「槙野に何を言うかはもう考えてある。彼のための映像も20日前から用意している。いいディスカッションができると思う」

 指揮官が嬉しそうに笑ったのは、国内組だけが招集された2015年5月の日本代表候補合宿前。個人面談では実際に20項目のプレー映像に対してダメ出しされ、根本から改善するように求められた。

 1対1における球際の強さを含めて、日本人選手のなかでもトップクラスに入るフィジカル能力を槙野は搭載している。ゆえに岡田ジャパンでも、そしてザックジャパンでも日本代表に招集されてきた。

 しかし、時として集中力が途切れるのか。ボールウォッチャーになる悪癖が顔をのぞかせることもあれば、攻撃好きを自負するあまりに、背後が疎かになる場面も少なくなかった。いまも忘れられない昨年のJリーグチャンピオンシップ決勝第2戦。年間王者をアントラーズに奪われる直接的な原因は、ドリブルでゴールに迫るFW鈴木優磨を背後から倒し、PKを与えた槙野の痛恨のファウルだった。

タフな心で向き合うプレーとSNS。ネット上の容赦ない声をも糧に

 もっとも、槙野の長所は下を向き続けないタフな心にある。どんなに打ちのめされても、どんなに厳しい言葉を浴びせられても、歯を食いしばって食らいついてくる。実際、ハリルホジッチ監督の指導をこう受け止めていた。

「監督にとって自分は必要な選手なんだ、という期待の裏返しだと思って、僕自身も変わろう、成長しようと努力してきました」

 日本代表でもセンターバックで招集されることもあれば、左サイドバック枠のときもあった。センターバックに対する指揮官の評価を劇的に高めたのは、9月27日の上海上港(中国)とのACL準決勝第1戦あたりだろうか。大会9ゴールをあげていた相手のエース、元ブラジル代表フッキと壮絶な「デュエル」を演じ続けた90分間は、槙野自身にも大きな自信を与えた。

 インターネット上では、心ない批判にさらされることも少なくなかった。ハリルジャパンに招集されれば「なぜ?」と疑問の目を向けられ、レッズでのプレーも幾度となくやり玉にあげられた。

 冒頭で記したインスタグラムを含めて、日本人選手のなかで誰よりもSNSを駆使していると自負している。もっともっとサッカーに興味をもってもらいたい、スタジアムに足を運んでほしいという思いから、サッカーに限らず、たとえば自身の私服姿も積極的に公開してきた。

想いはチームの垣根を越えて…

 インスタグラムのフォロワーは、いまでは27万人を超える。ただ、本業のサッカーで結果を出さなければ、厳しい意見がはね返ってくることも覚悟していた。そして、逃げようとも思わなかった。

「槙野智章という人間を介して、いろいろな人にサッカーをより広く知ってもらうための発信をしているつもりです。使い方や発信の仕方を間違えてしまえば自分が追い込まれる、あるいは自分がマイナスに見られても仕方のないツールでもありますけど」

 SNSに対してこんな思いを示していた槙野は、背中を押してくれるファンやサポーターと同じくらい、寄せられる批判の声を大事にしながらSNSを活用してきた。

「失敗している人間ほど説得力がある、と思うんです。数多くの失敗を積み重ねながら、それでもはい上がってきたからこそ、力強い言葉を発信できる。その意味では僕はいろいろなことにトライして、何度も何度も失敗して、さまざまなことを言われながらここまで来られた。

 自分に対してアンチ的な方々を含めて、見てくれる人がいるということは僕にとってはすごく幸せなだと逆に思っています。厳しい声をあげてくださるほど、自分もやってやろうと思えるので。もちろん『頑張れ』と言われるのも嬉しいですし、その度に『ありがとうございます』と返しています」

 ぶれない姿勢と、日本代表とレッズで残した結果も相まって、いまではインターネット上には熱いエールが飛び交っている。レッズのファンやサポーターだけではない。2008シーズンのガンバ大阪以来となるアジア制覇へ。チームの垣根を越えて、日本サッカー界を挙げて悲願が託されている。

 キックオフは午後7時15分。いつものようにポマードで髪を固めて臨戦態勢を整え、先頭を務めるキャプテンのDF阿部勇樹から順にハイタッチをかわしながら雄叫びをあげ、最後尾につくときには熱きハートと冷静沈着な思考回路を完璧な割合で同居させて、槙野は決戦のピッチに立つ。

(取材・文:藤江直人)

text by 藤江直人