立憲民主党・枝野幸男代表

写真拡大

23日放送の「スッキリ」(日本テレビ系)で、立憲民主党の代表・枝野幸男氏が、日本国憲法第9条改正に伴う自衛隊について持論を展開した。

番組では、枝野氏が9条への自衛隊明記に対して意見を述べた。その中で枝野氏は、現状では安保法制は違憲だと指摘する。

続けて「海外で自衛隊が戦争をできるような法律を作っちゃってて、その状況で(憲法に)自衛隊明記をすれば、それを追認することになります」と、安保法制が海外で戦争できる法律だと明確にした。

また、自身が護憲派ではないと主張し「9条についても、安保法制みたいにもっとさらに明確に憲法違反だとわかるようにするとか。そういう方向の議論がありうるならば、それは否定しない」と憲法改正への余地を残す。

読売新聞特別編集委員の橋本五郎氏が「自衛隊は今のままでいいと?」と確認すると、枝野氏は「自衛隊と明記すれば、他の部分の解釈に必ず影響が出ます」と断言。

続けて「現状が海外で戦争できる状況になっているので、同時に『海外で戦争ができない』『日本の領土・領域が攻められない限りは戦争ができない』と同時に明記しなければ、国民の皆さんが思っている専守防衛の自衛隊とは違ってしまう」と意見していた。

【関連記事】
長谷川豊氏 北朝鮮のミサイル発射めぐり日本を批判「多くの日本人が平和ボケ」
モーリー・ロバートソン氏が日本の現状に警鐘「民主主義の危機を覚えた」
室井佑月氏 稲田朋美防衛大臣の発言撤回を批判「撤回すれば済むと思って」