30日、中国のポータルサイト・今日頭条に、なぜ多くの中国人女性はあまり化粧をしないのか、その理由について分析する記事が掲載された。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は化粧品。

写真拡大

2017年9月30日、中国のポータルサイト・今日頭条に、なぜ多くの中国人女性はあまり化粧をしないのか、その理由について分析する記事が掲載された。

記事は、韓国や日本の女性と比べると、中国人女性はあまり化粧をしないと指摘。その理由について紹介した。その1つが「面倒くさい」からだ。化粧をするには朝30分ほど早く起きる必要があり、帰宅してからも30分かけて化粧を落とす必要があるため、面倒くさいという。

2つ目の理由は「化粧が下手なこと」だ。記事によるとこれが主な理由だという。実際、化粧する前はすっぴんでもなんとも思わないが、化粧ができるようになると、化粧せずには外出したくなくなるという。

3つ目の理由は、「歴史的要因」だ。中国人は内面の美しさを重視するため、化粧をする女性は「悪い女性」というイメージがいつのころからかついてしまったという。今ではこうしたイメージはなくなりつつあるものの、いまだに影響があるという。

これに対し、中国のネットユーザーから「中国人女性は美しい。流行に乗って化粧をする必要などない」、「私は化粧をしない。化粧をすると皮膚に悪いし、まだ若いから化粧しなくても大丈夫。濃い化粧をする人がいるけど、だったら化粧しない方がまだいいと思う」などのコメントが寄せられ、化粧反対派が少なくないようだ。

しかし、「化粧するのはいいけど、自分に合った化粧をすべきだよね」、「薄化粧の女性は美しいと思う」、「化粧する前はすっぴんに自信があったけど、今では化粧しないと外出する勇気がない」など、化粧に肯定的な意見も少なくなかった。(翻訳・編集/山中)