お昼に炊きたてを食べたいなら、“ご飯が炊ける弁当箱”はいかが?

写真拡大 (全4枚)

そろそろ新米の季節。やっぱり炊きたてのご飯はおいしいですよね。あぁ、いつでもどこでホカホカご飯が食べたい。だったらお弁当サイズで持ち運びができる炊飯器はいかがですか? 電源さえあれば自宅でも、会社でも一人分のごはんが美味しく炊けますよ。お昼ごはんに合わせてセットしておいて、炊きたてのご飯をデスクで食べる…これはオフィス中の注目を一手に集めそうです。

この「お一人さま用ハンディ炊飯器」、使い方はいたってカンタン。‥展札院璽屮襪鮴楝海靴董▲灰鵐札鵐箸冒泙后∪賤僂涼穗劼砲箸い席討反紊鯑れる。炊飯用の水を入れる。こ犬鯆めてフックでロックする。ヅ展札好ぅ奪舛鯑れる。μ50分後、電源ランプが消えて炊飯終了、蒸らして完成! 普通の炊飯器とほとんど変わりません。

炊飯台に適量の水を入れると、中央にある水蒸気発生板が水を加熱。蓋がしまっている炊飯器の内側は、高温の水蒸気で陶器の茶碗にまんべんなく熱を加えるので、少量のお米でもふっくらとした甘みのある美味しいご飯が炊き上がります(米の水、炊飯台の水の量によってお米の固さを調節可能)。

1つの茶碗で、最大約0.65合(約120ml/茶碗大盛り約230g)が炊けるというからなかなかのボリューム。2つ同時に炊き上げることはもちろん、ご飯以外にも生野菜やレトルト、味噌汁などのおかずも一緒に温められます。ビジネスバッグにスッポリおさまるW225×D135×H155mm、重量1090gで、4980円(税込)。お弁当のご飯は会社で炊く…が、これからのスタンダードになるかもしれません。

>> サンコー「お一人様用 ハンディ炊飯器」

 

(文/&GP編集部)