容姿や持ち物、行動など、誰かから褒められることっていつでもウェルカムですよね。褒められて気分が悪くなることなんて、めったにないですし。
ということで今回は、気になる彼を褒め言葉で気分良くさせたいと思っているあなたのために、男子が語る「うれしかった女子からの褒め言葉」を、米掲示版レディットより集めてみました。

仕事で落ち込んでいたけれど…

ある日、仕事で大失敗をおかしてしまいヘコんでいた……。すると同僚の女の子が「仕事では失敗しちゃったけど、○○君がイケメンであることには変わりないから元気だして!」と笑顔で励ましてくれた。そのおかげで1週間は楽しく仕事をすることができたけれど、その後その女の子には彼氏がいることが判明し、ちょっとショックだった。

シンプルな言葉だけど

どんなシチュエーションでも言われるとうれしいのが「あなたがいてくれてよかった」というフレーズ。これまで何度か言われたことがあるけれど、スキップしたくなるくらいハッピーな気分になったし、ニヤニヤが止まらなくなってしまう自分がいる。

聞き上手

女性から「○○さんって本当に聞き上手ですよね」と言われること。僕は話を聞いている時に一語一語理解しながら頷くクセがあるので、たいして話を聞いていなくてもすごく真剣に話を聞いているように見えるようだ。僕の弟もこのクセがあるので、2人で話していると頷きすぎて異様な光景に見えるみたいだけど。

ファッションがステキ

同僚に突然「前から思っていたんだけど、いつもセンス良いよね」とファッションを褒められたこと。自分自身ではファッションにそれほど気を使っていたわけではなかったので、そこを褒められるとは全く思っていなかった。不意打ちでそういったところを褒められるとうれしいものだ。

ヒゲ

僕はヒゲにこだわりがあって、お手入れも毎日欠かさないし、すごく気を使っている。けれど基本的にヒゲのことを褒めてくれるのは男性ばかりで、女性からは「なんでヒゲ伸ばしているの?」と若干けげんな顔をされることが多い。けれどある日、バーで知り合った女の子が「子犬みたいでかわいいね」と言ってくれたことがとてもうれしかった!

荒れた手

僕は土木業をしていることから、手が荒れている。ゴワゴワしていて乾燥もひどいので、女の子と手をつなぐ時にちょっと気にしてしまうことがあった。けれど今の彼女に「ごめんね、手が荒れてるんだ」と言うと、「謝らないでよ。この手はあなたが働き者である事を証明していて、私はそんなところが好きなんだからね」と言ってくれた。そして彼女は僕が自分の手の荒れを気にしていることを知って以来、クリームで手をマッサージしてくれるようになって、余計に彼女のことが好きになった。