バンビーノ

写真拡大

10日深夜放送の「じっくり聞いタロウ 〜スター近況(秘)報告〜」(テレビ東京系)で、お笑いコンビ・バンビーノが、現在の仕事ぶりを語った。

番組では、かつて、リズムネタ芸人として人気を博した同コンビの石山大輔と藤田裕樹が、収入にまつわるトークを繰り広げた。

同コンビは2015年にブレークすると、動物に扮した藤田を捕獲する「ダンソン」と称されるリズムネタで、数々のCMに起用された。全盛期のMAX月収はひとり130万円だというが、今やテレビでは見かけなくなってきた。収入激減かと思いきや、現在は結婚式「ダンソン」営業がハマりにハマっているというのだ。

新郎新婦の前で披露する営業ネタについて、石山は「結婚式では動物じゃなくて『幸せ』って書いたやつを藤田が(頭に)着けて。僕がダンスを踊ったら『幸せ』が寄ってきて、僕がその『幸せ』を捕まえたら、ワー! ってなる」と大ウケなのだとか。また、新婦を襲う動物を、ノリの良い新郎がダンソンを踊りながら助けるパターンも好評とのこと。

そんなバンビーノは、先々月、先月、今月とも、各50万円ずつ収入があったと告白。石山からは「固定給です、もう本当に」と、仕事の安定ぶりに笑顔が漏れていた。

【関連記事】
森永卓郎氏 テツandトモの現在に指摘「テレビ出てるときよりも儲かっている」
江頭2:50 パチンコ店での闇営業のギャラを告白「事務所を通さないと15万」
天国と地獄を味わった藤崎マーケット 「リズムネタは麻薬」と警鐘