露出を増やそうと“炎上狙い”を模索との声も

写真拡大

 7月30日の『サンデー・ジャポン』(TBS系)を欠席した西川史子(46才)の定位置に座っていたのは、なんとも珍しい人だった。

「番組初出演の近藤サトさん(49才)でした。『出られる番組なら何でも出たい!』と言い続けてきた営業の賜物。西川さんの復帰が遅れた場合、近藤さんはあの席に座り続けるのでは? という噂も出ています」(番組関係者)

 激やせの様子で心配されていた西川だが欠席の理由は胃腸炎。症状は軽く、大事をとっての措置で、数日で退院予定という。

「ただ、西川さんは去年の5月、それから12月にも急性胃腸炎で番組を休んでいます。本人曰く、更年期障害の症状もあり、体調が万全とはいえません」(芸能関係者)

 その西川の席に座った近藤の毒舌は普段の西川以上で、視聴者を驚かせた。

「過去の上品な女子アナキャラの面影はどこへやら。近藤さん自身、略奪婚で世間を騒がせたことがありましたが、完全に棚上げ状態。爆笑問題の太田光さん(52才)が、今井絵理子議員(33才)の不倫騒動の『一線を越えていない』というコメントを『ペッティング』とか『先っぽ』という言葉で揶揄していたのですが、近藤さんはそれを嫌がるどころか、同調するように『ペッティング』など平然と口にしていたので驚きました」(前出・番組関係者)

 7月21日の『バイキング』(フジテレビ系)では、稲田朋美元防衛相(58才)について意見を求められ、安倍晋三首相(62才)へ「一緒に背負って出て行ってほしい」と“辞任勧告”。その後も過激発言を続けた。

「これまで近藤さんはナレーションを中心に仕事をしてきました。それだけに今回の前のめり感と必死さは少し引いてしまうほどでした。2月の事件以降明らかに“キャラ変”しましたね。露出を増やそうと“炎上狙い”を模索しているようです」(前出・芸能関係者)

 2月の事件とは近藤の夫の不倫騒動のこと。近藤は2000年に歌舞伎役者の坂東三津五郎さん(享年59)と離婚した後、2003年に実業家のI氏とできちゃった再婚している。

「今年2月、『週刊文春』が近藤さんとI氏の別居と、I氏の不倫を報じました。三田寛子さん(51才)ばりに余裕の受け答えを見せていましたが、夫婦関係はすでに破綻していて離婚が近いようです。そもそもI氏の事業が芳しくなく、近藤さんは自力で稼ぐしかない。これまでの生活レベルを落とさずに、有名私立中に通う息子の学費を払い、また、3年前に都内の一等地に購入したマンションのローンもまだ残っているようですから…」(前出・芸能関係者)

 火の車を避けられるなら、炎上なんてどうってことない。

※女性セブン2017年8月17日号