デートをしてみたけどうまくいかず、そのあと二度と会うことはなかった男性っていますよね。しかしそのなかには、恐怖すら感じた初デートだったという人もいるのではないでしょうか? 今回はもう二度と会いたくないと思った、恐怖を感じた初デート体験を集めてみました。

3時間ずっとプロレスの動画を見せられた

自分の趣味を知ってもらいたかったのかもしれないけれど、もともとプロレスとかそういったことに興味のないわたしに3時間もプロレスの動画を見せてきた。そのなかでは血が吹き出す場面もあって、途中で貧血になりそうになって帰らせてもらった。

どうやって死にたいか語られた

年をとったとき、どのようにして死にたいのかをひたすら語られた。ケアホームに入って家族に見守られながら死にたいという話から、どのような病気で、亡くなるさいにはこんな痛みをかんじるようだとかを説明してくれた上に、彼の家族はみんな病気でなくなったという反応に困る事実を明かされた。

心霊写真をひたすら見せられた

古い家屋を解体する仕事をしていたその彼はこれまでたくさんの呪われた家を目にしてきたのだと話し始めた。そして彼がこれまで撮りためた心霊写真を披露し、自慢げにひとつひとつ詳細を説明してくれたけど、だんだんと彼が幽霊に見えてきた。

ドリフト走行

かっこいいスポーツカーでデートの待ち合わせに登場した彼にワクワクしていたけれど、車に乗り込むと突然ドリフト走行をスタート! 混んでいる道ではエンジンをふかしたり、クラクションを鳴らしたりと恥ずかしい行動を繰り返していた。やめてほしいとお願いしてもやめてくれなかったので最悪だった。

犬への恨みを語られた

わたしが犬が好きだという話をすると、彼が子どものころに犬に噛まれたことがあるという話をし始めた。そこからだんだんと犬に対する恨みを語り始めることに。こちらは犬が好きで、飼っているという話をしているのに、そこまで犬に対する恨みを語られると飼い犬になにかされるかもしれないと思って怖くなった。

家族計画

初デートでこれから付き合うかもわからないのに、将来子どもが何人ほしいかきかれ、そのあと舐め回すように体を見られた。こちらが相手に対してそういう感情をもっていないときに重たい話をされると怖いんだなと実感した。

新しいお母さんだよと言われた

彼に子どもがいることなんてまったく知らなかったのに、前置きもなく初デートに前の奥さんとの子どもを連れてきた。そのうえ、その子どもにわたしのことを「新しいお母さんだよ」と紹介していたので完全にどうかしていると思った。

自分にはスーパーパワーがあると語り始めた

最近はマーベル映画やDCコミックの映画など、スーパーヒーローものの映画がたくさん公開されていて、彼からそういった映画が好きだと言う話は聞いていた。初デートでもスーパーヒーロー系の映画を観に行ったのだけど、見終わったあとに食事をしていると彼は自分にも実はスーパーパワーがあって、誰にもこの話をしたことがないと本気で言っていた。