6日、韓国の50代の女性が拾った古紙の中から現金の束を発見、警察に届け出たニュースが韓国で話題となっている。写真は韓国のウォン紙幣(資料写真)。

写真拡大

2017年4月6日、韓国の50代の女性が拾った古紙の中から現金の束を発見、警察に届け出たニュースが韓国で話題となっている。韓国・ニューシスなどが伝えた。

京畿道(キョンギド)広州(クァンジュ)警察署によると、先月30日午後4時ごろ、古紙回収で生計を立てているイ・チュンミさん(50・女)が、集めてきた古紙の山から5万ウォン札1598枚、計7990万ウォン(約780万円)を発見し、翌31日の午後9時ごろに近くの交番を訪れて「持ち主を探してほしい」と届け出た。

警察は遺失物総合管理システムにこの現金について公表、現金に押されていた印鑑などの情報を基に捜査をしていたところ、今月3日になって、中小企業の代表チョンさん(47)が持ち主だと名乗り出た。イさんが現金を拾った場所の近くで製造業を営むチョンさんは警察に対し、「約2週間前に売掛金と投資金を受け取り、黒い袋に入れて車のトランクに保管していたが、職員が誤って捨ててしまったようだ」と説明した。

警察は、銀行への聞き込み捜査中に確認した防犯カメラの映像などを通じてこの説明の正当性を認め、6日午前に現金をチョンさんに返還した。

警察関係者は、「巨額の現金を拾って届け出たイさんと義弟に感謝状を授与した。遺失物法に基づく補償協議も終えた」と説明している。

この報道に、韓国のネットユーザーからは「(イさんのように)生活が苦しいと欲も出るはずなのに、尊敬する」「正直に暮らしているんですね。その心を見習いたいと思います」「金持ちや学歴の高い人だからと成功者とは言えない。こういう方こそ人生の成功者!」とイさんへの称賛コメントが相次ぐ中、「政治家さんたちもちょっとは見習ってくれ」「政治家を除けばまだこの世も捨てたもんじゃないな」と政治家を非難するコメント、「反対に国を食いつぶした女もいる…」「他人の金をだまし取る国家最高指導者もいる。そればかりかうそまでついて5000万人もの国民をだまそうとするなんて」と前大統領の朴槿恵(パク・クネ)容疑者とイさんを比較するコメントなども多く寄せられている。

中には、「製造業の代表さん、イさんを職員として採用してあげて」「イさんなら信頼して仕事を任せられるだろう」と代表のチョンさんにコメントで依頼するユーザーもいた。(翻訳・編集/松村)