「おっしゃられました」はNG?正しい言葉の使い方

写真拡大

敬語は使えば使うほど丁寧になるというわけではありません。丁寧さに気を取られすぎて、二重敬語(過剰敬語)になってしまい、日本語として間違った表現を使ってしまっているというパターンもよくあります。ここでは、「おっしゃられました」の正しい言葉の使い方をご紹介します。今までこの言葉を使ったことのある人もそうでない人も、ぜひ敬語の基礎を見直すためにご参考下さい。

■ 「おっしゃられました」がNGの理由

「おっしゃられました」を分解して解説します。

>「おっしゃる」=尊敬語
>「れる」=尊敬の助動詞

つまり、この敬語は二重敬語になっており、敬語の過剰表現なので日本語として美しくありません。ビジネスなどで使用するのは避けましょう。

■ 「おっしゃられました」の言い換え表現

「おっしゃられました」の言い換え表現は、下記のひとつだけです。

>「おっしゃいました」

◎ 用例

「おっしゃいました」は、下記のような状況で使われます。

> この回答が正しいと、先生が先程おっしゃいました。
> お客様がおっしゃいましたように、私どもの不手際です。申し訳ございません。

■ 「申されました」はNG?

「おっしゃられました」の言い換えとして、「申されました」は一見OKに思えますが、実はNGです。「申されました」の「申す」は謙譲語です。これに、「れる」という尊敬の助動詞をつけたところで、「申されました」が尊敬語になるわけではありません。間違った日本語なので、「申されました」も「おっしゃられました」と合わせて使わないようにしましょう。

■ おわりに

ここでは、「おっしゃられました」の正しい言葉の使い方をご紹介しました。正しい尊敬語を使って、綺麗な日本語を話せるようにしましょう。

(image by amanaimages)
(著:nanapiユーザー・華麗なるカレー)