崔容疑者に対してまだ未練が…?

写真拡大

 経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になった著名人をピックアップ。記者会見などでの表情や仕草から、その人物の深層心理を推察する「今週の顔」。今回は絶体絶命の韓国・朴槿恵大統領の精神状態を考察。

 * * *
 権力抗争や嫉妬渦巻く人間関係を描いた韓流ドラマの上を行く事件に、韓国が揺れている。

 主役は朴正熙大統領の娘で、朴槿恵(パク・クネ)大統領。そして、もう一人の主役は、宗教家崔太敏氏の娘で、朴大統領の親友である実業家の崔順実(チェ・スンシル)容疑者。

 脇役で出てきたのは元首席秘書官に、秘書室長だった崔容疑者の元夫や愛人、大統領官邸の青瓦台で働いていた崔容疑者の元トレーナーなど彼女の息のかかった人間たち。

 機密情報の漏えいや国政介入疑惑に始まり、財団設立に大企業からの寄付に資金流用、崔容疑者の三角関係からその娘の不正入学まで、ありとあらゆるスキャンダルが盛りだくさんなのだ。

 一国の大統領が宗教家親子に傾倒していたというだけで危ない匂いが漂うが、崔容疑者が青瓦台に自由に出入りし、国政に関わったかもしれないというのだから、マインドコントロールにかかっているのでは?と、誰もが疑いたくなるのも無理はない。

 マインドコントロールを受けた人の目は、生気を失い表情が乏しい。アメリカの文献では「サメのように死んだ目」と表現されていると、岡田尊司氏著『マインドコントロール』に書かれている。

 だけど、マインドコントロールを受けた人が、いつもそんな目をしているわけではない。普段は幸せそうだという。特にそういう反応を示すのは、家族と思っている人たちや信念を否定されたり、攻撃してくる存在に対してらしい。

 サメのように死んだ目って、どんな目…?と思いつつ、朴大統領が国民に謝罪した9分間の談話を見た。確かに生気がなく表情に乏しいが、謝罪会見では仕方あるまい。やや腫れぼったいまぶたは、会見前日、号泣したせいらしい。

 安倍首相と会見した時の朴大統領は、反日のせいか総じて無表情だけど、どこか嫌悪感を含んだきつい目をしていた。それが今回の談話では、ややむくんだまぶたの奥で、瞳が悲しげというより、感情が抜け落ちたように暗く沈んでいる。

 生気のない暗い目は、「すべての縁を断ってきたが、今後はわずかな縁も断っていく」と孤立無援を宣言したように、誰からも心を閉ざそうとしているのを表しているようだ。

 談話中、朴大統領はたった一度だけ、唇をしっかと結んだ後、下唇を舐めるかのように、ほんのわずかだけ舌先を出し、唇の間にはさんだ。それは冒頭、崔容疑者の事件について謝罪し、「特定の個人について、数々の違法行為を犯したことは、あまりにも残念で痛ましい思い」と述べた時だ。

 人はストレスを感じると、口が渇くため唇を舐めやすい。不安や動揺、緊張が強くなると、気持ちを落ち着かせようと、無意識のうちに唇を舐めることも多い。

 加えて、それを受け入れたくない、拒みたいという気持ちが、心の底のどこかにある場合、その潜在意識が舌先を唇にはさむという仕草になって出てくることがある。

 朴大統領にとって、崔容疑者が逮捕されたのは、事実として理解していても精神的には受け入れ難く、国民を失望されたことより、残念で痛ましいことなのだろうか…と、勘繰りたくなってしまう。

 妹や弟とは絶縁状態。他に頼れる相手もいない。周りに心を開かず、意思疎通が苦手で、真面目だがプライドが高く、空気を読むことができない。大統領を知る様々な人が語るような孤独で人を寄せ付けない性格なら、マインドコントロールでなくとも、心を許す相手のみに依存し続けるのは当然だったのではないかと思う。

 それだけ朴大統領の心の中に入り込んでいる崔容疑者。その存在を切るには、かなり強い心理的抵抗があるはずだ。朴大統領の舌は、もしかすると、そんな心理的抵抗の表れかもしれない。

 日を追うごとに次々と明るみになる事実に、大統領の退陣を求め行われた抗議デモに集まったのは数10万人ともいわれ、今や支持率は過去最低の5%。

 それでも退陣を否定し、混乱した政局を収拾するため丁世均(チョン・セギョン)国会議長と会談。並んで椅子に座ったのだが、身体を相手の方へ向けたのは朴大統領だけだった。

 指名した首相人事を撤回して、国会に首相候補を推薦するよう要請したというが、丁国会議長は椅子の肘かけを握り、朴大統領が話していても、硬い表情で正面を向いたまま。大統領の方に顔を向けて頷いたかと思ったら、一瞬、両膝にギュッと力が入り、わずかに膝頭がくっつくように縮まると、ちょっとだけつま先が内側に。

 身体の向きは感情や気持ちに正直といわれている。特につま先は、相手に対する好感度や関心の高さなどが出やすい部分。

 普段から丁国会議長の座り方がそうなのか、それともカメラが入っているから正面を向いたままなのか。身体やつま先の向きを見る限り、国会の入口では、退陣要求のプラカードを持った野党議員たちが並び、支持率は歴代政権で最低になったしまったという大統領とは、心理的に距離を置きたいと思っていたとしても不思議ではない。

 国民からの支持が高ければまだしも、今さらねぇ…と思ったかどうかは定かではないが、そんな気持ちが透けて見えそうだ。

 そんな丁国会議長の横で朴大統領は、精神的な苦痛が大きかったのか、膝の上で伸ばした指を組み合わせていた。首相候補を推薦要請する時は、その苦痛から、無意識のうちに気持ちをなだめようとしたのだろう。上に重ねた親指で組んだ手を静かに撫でていた。

 気持ちを落ち着かせてくれるのも、頼れるのも、もはや自分しかいない…という心理状態の表れか。

「検察の捜査を受け入れる覚悟」と談話で述べながら、現職大統領では初という事の重大さにゴクリと唾を飲み込んだ朴大統領。残るも退くも、待っているのは無惨な最後。歴代大統領のほとんどが悲惨な末路を迎える韓国だが、何もこの歴史を踏襲することはなかったのに、と思う。