まだ省ける!月3万円の節約に成功した主婦による「チリツモ裏技」4つ

写真拡大

「あと3万円節約ができれば、今より暮らしに余裕が出るのに……」というのは主婦なら誰しも思いますよね?

『WooRis』の過去記事「達人はココが違う!“月3万円の節約”に成功した主婦が実践した努力TOP3」では、節約上手な奥様たちが実践している“人気の節約方法”をお伝えしました。

節約って“塵も積もれば山となる”(チリツモ)の積み重ねなので、“月3万円”を生み出せるならば、ほかのワザも知りたいですよね!

そこで今回は、『WooRis』が500名の主婦に実施した節約に関するリサーチ結果をもとに、“月額3万円の節約に成功した主婦のチリツモ”裏ワザ4つをお伝えしましょう。

 

■5人に1人が月3万円以上の節約に成功!

前述の過去記事でお伝えしたように、「月3万円以上の節約に成功した」という女性は、500名のうち19%。

そんな達人たちが「月に3万円以上の節約をするために行ったこと」として最も多くあがった回答は「とにかく外出を控えた」でした。ですが、さすがに「ここまでは真似できない……」と思ってしまう方もいると思います。

そこで今回は、達人たちが教えてくれた節約のコツの中で、少数派ではあるけれど、「なるほど!」と膝を打つような、実践しやすい裏ワザを3つご紹介します。

 

■裏ワザ1:家計簿でムダの”見える化節約”

節約を効率的に実践するには、お金の動きを把握しておくのがベターですよね。

同調査でも「家計簿をつけて、こと細かく節約した」というコメントが寄せられており、やはり家計簿の習慣が節約の基本の“き”であることが改めてわかります。

裏ワザとは言いにくいのですが、節約の基本を忠実に行った結果、家計に“月3万円”ものゆとりができたのですから、家計簿は基本アイテムのようです。

お金の動きを把握することは、無意識に使っていたムダ遣いの“見える化”。メリットはかなり大きいですよ。

「でも続かないの!」というかたは、月に数万円単位の節約をしたい月だけ試してみるのも一案ですし、レシートの写真を撮るだけのスマホアプリもありますから、自分に合った方法を見つけてみてください。

 

■裏ワザ2:不用品をお金に代える“断捨離節約”

月に数万円の余裕を生み出すにあたっては、日頃の出費を減らすだけでなく臨時収入を作り出すのも手っ取り早い方法です。

「いらないものを売る」という方法を挙げている達人もいることから、「今月はお金が必要!」と思う月を“断捨離月”にしてみると臨時収入が見込めます。

「コレはもう使わないな〜」と思うものをまとめておいて、必要なときに売れるようにしておけば、節約と片付けが両立ができるのでオトクです。

 

■裏ワザ3:より安いものを求めて“リサーチ節約”

同じモノを買うのであれば少しでも安く買うことで節約につながるもの。とくに、家電などの高額アイテムは、値引きの有り無しが大きく響いてきますね。実店舗とネットショップでの差額が大きいものは結構あります。

月3万円以上を節約するために、ネットショッピングを活用した達人の声からは“少しでも安く買うためのリサーチ力が大事”であると思い知らされます。

お目当ての製品の品番で検索すると、価格の低いアイテムを調べる“時短”になりますよ。

 

いかがですか?

月3万円以上を節約している達人主婦たちは、日頃の出費を極力抑える工夫を積み重ねている様子が垣間見えます。

「まだまだムダを省ける!」と感じているのであれば、この機会に新しい節約術を実践してみてもよさそうですね。

(ライター 並木まき)

 

【関連記事】

※ 節約のつもりが…逆に!ドンドン貧乏になる人の「化粧中のクセ」4つ

※ チャチャッと作りたい!500名のママに聞いた実践している「料理の時短テク」TOP5

※ お宅は…大丈夫?「お金で揉める夫婦の年代」少ないのは50代、断トツで多いのは

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ これは衝撃!秋冬の●●をやめるとおこる「シミ・リバウンド」とは

※ 専門家が監修!あなたの主婦業を年収換算できるシミュレーターとは

※ ママ友に「オバ顔」認定される顔の特徴!2位はたるみ、1位は○○

 

【参考】

※ 達人はココが違う!「月3万円の節約」に成功した主婦が実践した努力TOP3 - WooRis