サイズが合わないと健康にも悪影響!正しいブラカップの測り方

写真拡大

ブラは女性の胸を保護するだけでなく、ボディラインを美しく見せるためにも重要なもの。きちんと体に合ったカップ数のものを選びたいですよね。今回はブラがおよぼす体への影響や正しい測り方を分かりやすく解説します!

 

■ブラジャーのカップ数とは

ブラを購入する際に重要視するポイントは何ですか? デザインのかわいらしさや価格の問題もありますが、それよりも体に合ったサイズのものを選ぶことが大切です。まずはカップ数について正しく理解しましょう。

今つけているブラのサイズは、自分の体にフィットしていますか? じつは胸に合わないサイズのブラをつけている人は意外に多いんです。下記のリストで確認してみましょう!

(1)ブラを外した瞬間、解放感に包まれる

(2)ブラを外したら体に跡がくっきりついている

(3)ブラが上にずれる・肩ひもがずれる

(4)カップの部分に余裕がある

上記のどれかひとつでも当てはまったら、ブラのカップ数が合っていない可能性があります。「カップ」とはトップ(胸の一番高いところ)とアンダー(胸のすぐ下に位置するところ)の差で出したサイズのこと。

例えばトップとアンダーの差が10センチあればAカップ、12.5センチであればBカップになり、これを基本にブラのサイズを選びます。その他バージスラインと呼ばれるバストの下のラインや、胸の高さ・形・向きなども考慮してサイズを選ぶ場合も。ブラ選びはただ胸が収まっていればOKというわけではありません。

下着選びは意外と奥深く、美しいボディラインを作るのに非常に重要な役割をもつのです。次項からはブラの正しい測り方をご紹介するので、美しい胸のためにぜひ覚えてくださいね!

 

■正しい測り方

ブラを着用したときに脇や背中にはみ出したお肉があったら、それはカップのサイズが合っていない証拠です。正しく計測して自分に合ったブラをつけましょう。そのつど、鏡を見て胸の位置を確認するのがポイント!

カップ数を測るときは素肌、もしくはパッドが入っていないブラの上から測ります。メジャーがずれていると正確な数値が分からないので、必ず鏡の前で胸・メジャーの位置を確認しながら測りましょう。

採寸のときは足をとじ、背筋を伸ばしてまっすぐ立ちます。次にメジャーがきちんと水平になっているか鏡で確認しつつトップ・アンダーを測ります。メジャーはきつく締めたりゆるめたりしないように。少しでもサイズを変えたい!という思いは、このときばかりは封印です。

 

■サイズが合っていないブラをつけ続けると、こんな悪影響が

体のサイズは年々変化するもの。特に胸の位置は変化しやすいのでブラもこまめな採寸が必要です。サイズに合わない下着をつけているとボディラインはおろか、体調にまで悪影響をおよぼしかねません!

バストをボリュームアップしたいからと背中や脇の余ったお肉をかき集めてカップに入れる、垂れた胸をごまかそうと肩ひもを極端に短くする、これらの行為は一時しのぎには効果的かもしれませんが、結果的にボディバランスを崩すことになってしまいます。

背中や脇にお肉が余るということは、アンダーサイズが合っていないということ。かき集めたお肉は脂肪なので、時間がたてば戻ってしまいます。ブラで締めつけられた部分が色素沈着を起こすだけでなく、終始締めつけられた状態のため体が不調を起こすことも。

体の緊張状態が続くことによるストレスもよくありません。またブラの肩ひもを短くしすぎると猫背になり、背骨に負担がかかってしまいます。

猫背は腰痛の原因でもあるので要注意。体に合ったブラをつけていると自然に姿勢もよくなります。色素沈着・心身の健康を保つためにもジャストサイズのブラをつけることはとても大切です。

 

■お店で測ってもらうときの注意点

時間がないとき、自分のサイズは分かっているからといって、試着をせずに通販で下着を購入する人がいますが、これもNG。体型は日々変化します。面倒臭くても必ず店頭で採寸してもらいましょう!

体重が変わっていなくても、気がつかないうちに体型は変化しているもの。1年前のブラが今の体にジャストサイズだとはかぎりません。ブラを購入する際は必ず店頭に出向き、試着をするようにしましょう。

試着する際の注意点としてあげたいのが“生理前は避けること”と“服の上から採寸してもらうときは薄手の服で、カップが入っていないブラをつけること”の2点です。

女性はホルモンの影響もあり、生理前後で胸の大きさが変わります。ときにはカップがワンサイズ変わることもあるので、購入する際は生理周期にも注目しておきましょう。そうすれば購入の際はぴったりだったのに、数日たったら胸の部分がカパカパなんていう悲劇をまぬがれることができます。

 

いかがでしたか? たかが下着とあなどるなかれ。カップ数が合っているかどうかで姿勢・ボディライン・体調にまで影響をおよぼします。ブラを購入する場合は店頭で必ずサイズを測ってもらいましょう。

自宅でもいいので季節の変わり目ごとに採寸する習慣をつけると理想的です。ぷくっとブラからはみ出したお肉は、体型崩れの始まりです。放っておくとそのままおばさん体型になってしまうかも……。こまめなカップの採寸を心がけ、美しい胸をキープし続けましょう!

 

【関連記事】

※ 「寝る時ブラすると垂れない」ってホントorウソ?バストにまつわる都市伝説

※ 「ブラジャーの正しい収納方法」あなたはタンス派orハンガー派orケース派?

※ 2位お尻!出会って5秒で「オバ認定」されちゃう体のパーツ1位は

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ これは衝撃!秋冬の●●をやめるとおこる「シミ・リバウンド」とは

※ 知らなきゃ離婚問題に!? 夫婦で要チェック「更年期の基礎知識と対策」

※ 成功者続出!ホンモノの水素水を使ったエイジングケアって

 

【画像】

※ margostock / Shutterstock

※ Roman Samborskyi / Shutterstock

※ Piotr Marcinski / Shutterstock

※ Ocskay Bence / Shutterstock