こんなに繊細な飴細工があるなんて!! 夏らしくて涼しげな「うちわ飴」はお部屋に飾りたくなる美しさ

写真拡大


金魚やカエルなど本物かと見まごうほどの美しい飴細工で、日本のみならず海外でも話題の「浅草 飴細工 アメシン」。その公式Twitterで見つけたのは、夏の和柄がほどこされた「うちわ飴」なるもの。

うちわに見立てた棒付き飴に、アジサイや波千鳥など日本の伝統的な柄が入っているのですが、これが実に繊細で涼やか! 食べられることは重々承知、それでも食べずにずっと眺めたくなっちゃう可愛さなんです!

【夏柄登場! 最新「うちわ飴」5種】

6月1日より登場した最新の「うちわ飴」は次の5種。それぞれの柄にはどれも意味や願いが込められているといいます。

・七変化(しちへんげ)
「平和、団結」などを表す和柄。アジサイは花の色が変わることから「七変化」の異名を持つのだそう。

・波千鳥(なみちどり)
「夫婦円満、家内安全」を表す和柄。波を「世間」、千鳥を「人や夫婦」にたとえて、人生の大波・小波を乗り越えて一緒に幸せをつかもうという意味なのだとか。

・貰ひ水(もらいみず)
「慈しみ、温情」を表す和柄。「ある朝、井戸の釣瓶に朝顔が巻き付いていたが、美しい花を切るのはしのびなく隣人に水をもらいに行く」という加賀千代女の俳句をもとにした図案。

・柳燕(やなぎにつばめ)
「生命力、調和」を表す和柄。新緑の柳と、飛翔する燕(つばめ)はどちらも春のシンボルであり、異なるふたつの取り合わせが好ましいことを示しています。

・勝虫(かちむし)
「勝負運上昇、必勝祈願」を表す和柄。勝虫とは、前にしか進まず退かないトンボのこと。

【どこで買える?】

皆さんならどの「うちわ飴」が欲しい? 好きな絵柄で選ぶのもいいですが、叶えたい願いの柄を選んでみるのも素敵ですよね。

購入はアメシン「東京スカイツリータウン・ソラマチ店」にてどうぞ! これからの暑い時期、お部屋に飾れば一気に涼し気な気分を味わえそうですね。ホントこれ、食べちゃうのがもったいない!!

参照元:Twitter @candy_ameshin、浅草 飴細工 アメシン
執筆=鷺ノ宮やよい (c) Pouch

画像をもっと見る