一昔前まで大晦日のテレビ番組といえば、「NHK紅白歌合戦」や「レコード大賞」をはじめとして、延々演歌歌手が出てくる番組や、やたらと長い時代劇、なんか第九を歌ってる番組などなど、イマイチ子どもが楽しめる番組が少なかった。


そんな中、子どもたちにとってのオアシス的な存在だったのが「大みそかだよドラえもんスペシャル」!

1980年代の、月〜土曜日に夕方の10分枠で「忍者ハットリくん」や「パーマン」「オバケのQ太郎」「ウルトラB」などが放送され、金曜夜には「ドラえもん」の本放送、さらに日曜朝にも「ドラえもん」の再放送と、藤子不二雄アニメがやたらとやりまくっていた時代に幼少期を過ごした人にとって、大晦日に見る番組は「大みそかだよドラえもんスペシャル」一択!

普段は10〜30分で終わってしまう「ドラえもん」がドーンと3時間! もう永遠のように続く幸せな時間だったのだ。

……まあ、テレビは一家に一台というのが普通な時代だったので、紅白やレコ大を見たい大人たちにチャンネルを奪われて号泣したりもしてたけど。

最近やっていなかった大晦日の「どらえもん」が16時間一挙放送


しかしそんな「大みそかだよドラえもんスペシャル」、最近の子どもたちにとっては大晦日の定番ではなくなってしまっているらしい。

……というか、そもそも放送自体が毎年恒例ではなく不定期になってしまっているのだ。

1980年の「藤子不二雄スペシャル’80大みそかだよ!ドラえもん」から2009年の「大みそかドラえもん・映画30周年!全部見せますスペシャル」まで、約30年間続いてきた大晦日のスペシャルも、2010年以降はやったりやらなかったりと不定期に。

で、今年の大晦日は久々に「大みそかだよドラえもんスペシャル」が復活するのだ。なんとドーンと16時間! ……16時間て。

さすがに地上波のテレビ朝日で16時間ぶっ続けでやるわけではなく、CSのテレ朝チャンネル1・2も含めてのリレー放送となる。

テレ朝チャンネル2では8:00〜15:10、テレ朝チャンネル1では15:10〜16:30、テレビ朝日で16:30〜17:30、再びテレ朝チャンネル1で17:30〜24:00まで! なんというクレイジーな編成!

内容としては、過去の大晦日スペシャルの総集編といった感じで、スペシャルならではの普段よりもちょっと長い中編が一気に放送されるようだ。(テレビ朝日では新作を放送)

ドラえもんが青くなった理由、今と昔で違うんです


これだけ長時間のスペシャルだと、見どころがありすぎて困ってしまうのだが、オールドスクールな藤子不二雄好き、ドラえもん好きに注目してもらいたいのが、1988年の大晦日に放送された「ドラえもんびっくり全(オール)百科」。

『’80だヨ!ドラえもん全百科』というレコードにも音声だけ収録されていたため(まだ販売用ビデオが一般的じゃなかったのだ)、セリフを覚えてしまうほど何度も繰り返し聞いた人もいるかも知れない、有名エピソード。

22世紀の工場での誕生から、耳を失い青くなってしまった理由、そしてのび太の家へやってきた経緯なども紹介される、要は「ドラえもん・ビギンズ」とでもいうべき話なのだ。

その辺のエピソードに関しては、1995年に公開された「2112年ドラえもん誕生」という映画の中でも描かれているのだが、「全百科」の時とは設定が色々と異なっている。

「全百科」では、ドラえもんが耳を失い、身体が青くなった理由は、ネズミに耳をかじられ、耳がなくなった自分の姿を鏡で見て青ざめてしまったというもの。

一方、映画では、セワシくん(のび太くんの孫の孫)の手違いで工作用ネズミ型ロボットに耳をかじられ、病院での治療にも失敗して耳が修理不能に。その姿を彼女のノラミャー子さんに爆笑されてしまったことで大ショックを受け、泣きまくった結果、振動でメッキがはげて身体は青く、声も枯れてドラ声になってしまったという……。

現在では映画版の方が公式設定となっているのだが、アラサー以上の人にとっては「全百科」版の設定の方がお馴染みなのではないだろうか?

もうやってるから今すぐ見よう


そんな懐かしの設定を再び見られるというのも嬉しいが、それだけではなく「全百科」には、誕生したてで性格が悪かったドラえもんと、青くなった現在のドラえもんが対決するという、中々衝撃的なエピソードも。

仮面ライダー vs ニセライダーを彷彿とさせる、青ドラえもん vs 黄ドラえもん。見たことのない人は必見だ!

「やっぱドラえもんの声は大山のぶ代じゃないと」と思っている旧・ドラ至上主義の人も、水田わさびに変わって以降のドラえもんしか知らないヤングも、今回のスペシャルをドドーッと一気に見れば、ドラえもんの長い歴史をざーっと振り返れるハズ。

この記事が公開される頃には、もう放送がはじまってると思うので、とりあえずすぐにチャンネルを変えよう!
(北村ヂン)