紙の腕時計をはめていた少年(画像は『Mfa Bob 2021年1月5日付Facebook「Masa budak ni sarung jam..air mata paksu dia menitis..budak tu pun ckp Btl Ke ni bang!!」』のスクリーンショット)Techinsight

紙の時計をはめて仕事をするマレーシアの貧しい少年 本物の時計をもらう

ざっくり言うと

  • マレーシアでお菓子を売って生計を立てる少年は、紙の腕時計をはめていた
  • ある日の仕事中、腕時計好きの男性が少年の腕時計を見て心を動かされたそう
  • 男性は近くの時計店に少年を連れて行き、本物の腕時計を買い与えたという

ランキング

x