マレーシア移民局は11月20日、中国のネット詐欺グループを摘発した。当局は合計680人の容疑者を一斉逮捕し、同国最大の電子取引犯罪の取り締まりとなった。捜査の際、150人あまりが逃走した。移民局は警察と連携して監視を強化している。マレーシア入国管理局長Datuk Khairul Dzaimee Daud氏は21日の記者会見で、当局は1カ月に渡る調査の後、捜査員150人あまりを投入して、20日の日中に摘発に踏み切った。局長によると、クアラルン