世界各地で異常気象による災害が相次ぐなか、スウェーデンの高校生、グレタ・トゥーンベリさん(16)がアメリカ・コロラド州で地元の住民らとともに環境保護を訴えました。グレタ・トゥーンベリさん:「権力者は私たちと今、利用できる最高の科学を無視し続けています。よくもそんなことを」コロラド州デンバーで11日、グレタさんは集まった若者や大人を前に「本当にありがとう。戦いを続けよう」と話し、地球温暖化の防止を