アジア系へのヘイトクライムが164%急増 米大学が調査結果を発表

ざっくり言うと

  • 米大学が、アジア系に対するヘイトクライムに関する調査結果を発表した
  • 米国内の16の大規模都市や郡内での報告件数が、およそ1年で164%も急増
  • 最初の増加は2020年3、4月に見られ、新型コロナ拡大のさなかだったという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x