ジャニーズ事務所(C)日刊ゲンダイ

写真拡大 (全2枚)

「この御方こそ退所すべきではないか?」との書き込みに、関係者からの同意の声も上がっているようだ。ジャニーズ事務所の最年長タレント、近藤真彦(56)が25歳年下の女社長と約5年もの不倫を続けていると発覚した騒動である。

柏木由紀も餌食に 肉食ジャニーズ手越祐也の「荒ぶる下半身」

 週刊文春は近藤が10月下旬、このA子さんと沖縄へ旅行し、リゾート地のゴルフ場でプレーしたり、ホテル最上階の部屋へ消えていく様子を写真付きで報じている。出会いは会食の席で、A子さんを見初めた近藤は猛アタック。当時A子さんには同棲相手がいたが、その男性から奪うようにして愛人にしたのだという。

「近藤には九州でタクシー会社を営む資産家令嬢の妻と、ことし13歳になる息子がいます。レース仲間の六本木老舗カフェの御曹司と合コンしていた頃、つまみ食いはあったようですけど、菜食主義に転じ焼き肉合コンでもひとり野菜を食べていたくらいで、女遊びもやめたのかと思いましたが、相変わらず肉食系だったようですね」と、ある芸能プロデューサーは苦笑する。

 近藤が活躍した80年代ならば、それも許されたのかも知れないが、いまやコンプライアンス重視の世の中だ。ジャニーズは同誌取材に何のコメントもしなかったそうだが、おとがめなしでは通るまい。往年の担当記者が言う。

「マッチはメリー(喜多川ジャニーズ名誉会長)さんから息子同然の寵愛を受けてきた流れが今も続き、ここ数年はほとんど芸能活動をしなくても毎年3000万円もの手当があるともっぱらな上、レーシングチームの面倒まで見てもらってきました。さすがにタッキー(滝沢副社長)が減額したそうですけど、それでも後輩や若手からは、どうしてマッチさんだけ破格の扱いなのか、ずるいという声が囁かれている。今回の不祥事はアイドル事務所が最もやってはいけない女性問題、それも不倫ですから、無期限謹慎か退所レベルの処分しかないでしょうね」

 A子さんについて、本人を週刊文春が直撃すると「無理無理無理無理」と連呼し足早に去ったそうだから、後ろめたい気持ちはあったのか。

明菜なら「本当、バカね」と…

 その近藤真彦といえば1989年、半同棲中であった中森明菜が近藤のマンションで自殺未遂を図り、大騒動になったことが記憶に新しい。同年大みそかにあった記者会見はなぜか金屏風を背景に開かれ、憔悴した明菜が涙ながらに謝罪し交際すら否定した。

「あの会見を仕切ったのはメリーさん。マッチを守ろうという一心でやったといわれているのですが……」と担当記者は振り返る。

 近藤はこのときのこと、明菜とのことについて、A子さんに「自分のせいだった」と話しているそうだ。この当時から明菜を取材しているベテラン芸能記者、青山佳裕氏はこう言う。

「マッチは聖子とのニューヨークでの密会やキスが報じられたり、明菜以外のアイドルとの二股なんていうのもあり、当時からお盛んでした。それで一途な明菜は傷つき悩み、それが自殺騒動の引き金となってしまったとの見方がありましたね。今回また浮気報道が出て、あれから31年もの歳月が流れたけれど、マッチはヤンチャ坊主のままだったという印象です」

 では、明菜はこの“愚か者”を今、どう見ているのだろうか。

「その昔、和田アキ子さんのトーク番組に出たとき、明菜が『私の最初の恋は最悪でしたからねえ』と、言外にマッチをばっさり斬ったのを覚えています。アッコさんも口あんぐりでしたけど、もう完全に吹っ切っていることが分かりました。今回の不倫発覚にも『本当、バカね。相変わらず何をやっているんだか』などと笑い、一刀両断なのではないでしょうか」(青山氏)

 今回もメリーさんの庇護があるのか分からないが、あったとしても、世間も後輩たちもジャニーズ幹部も近藤を許さないだろう。遅ればせながらの、近藤バブル崩壊といったところか。