Mくんのはじめてのクルマは、トヨタ クラウン ロイヤルサルーン 1991年式

写真拡大

―[腕時計投資家・斉藤由貴生]―

 クルマ好きの腕時計投資家・斉藤由貴生です。

 私は2004年に免許を取って以来、これまでさまざまな中古車を購入してきました。そんな私を見て、たまに中古車購入の相談をしてくる友人がいます。そのうちの1人であるMくんは、7年前に勧めたクルマにまだ乗っています。

 彼が乗っているのは古いクラウン。購入してから紆余曲折あったものの、いまだに手放しておらず、今年大きな整備を行ったほど。30万円台で購入したクルマに、今年80万円以上もの整備費をかけたのです。

◆8代目クラウンを学生のMくんが買うことになった理由

 そんなMくんが、そのクラウンに出会ったのは2013年春のこと。大学2年生の終わりのころでした。

 私は、友人数人と週末によく彼の家に入り浸っていたのですが、深夜いきなりMくんがクルマを買いたいと言い出ししました。私は即座に中古車サイトを開き、古いクラウンを勧めてみました。

 半分ネタで提案したクラウンでしたが、意外にもMくんは気に入った様子。そのまま彼の家で朝まで過ごし、私達はネットで見たクラウンを売っている中古車屋へと向いました。

 そのころ私は、大学にクルマで通っていたのですが、その日に限ってなぜか電車。仕方なくレンタカーを借り、茨城県から埼玉県の中古車店へと向かったことを、今でも覚えています。

 その店に置いてあったのは、ワンオーナーで総額30万円台という茶色の8代目クラウンでした。もちろん外観はキレイで、どこも問題ない様子。ワンオーナーの8代目クラウンにありがちな、“剥がされていないビニール”もしっかり残っていました。

 そのクラウンを見たMくんは即決!

 私が免許を取った2004年ころでも、この8代目クラウンは、なぜかワンオーナーの中古車を頻繁に見かけていました。Mくんと私は大学の友人ですが、私は社会人経験後、大学に入ったため、彼とは6つ年が違います。Mくんがこのワンオーナーの8代目クラウンと出会ったのは2013年のことですが、そのころでもまだワンオーナー個体は珍しくなく、安価で売られていたのでした。ちなみに、さすがに現在ではワンオーナーの8代目クラウンの中古はほぼ出ず、程度の良い個体を探すのは難しい状況となっています。

 この8代目クラウンは、2004年ころでも、すでにクラシックカーのような佇まいでしたが、そのわりに壊れづらく、程度のいいものが多かったため狙い目な存在でした。だから私は、当時20歳の学生だったMくんにうってつけだと思ったのです。

◆新しいクラウンを買ってもAMGを買っても、はじめてのクラウンを手放さかなったMくん

 この彼が買ったクラウンは、彼が学部生のときはまったく故障せず動いてくれました。お金がない学生向けのエンスー車両として、かなり優秀だったといえるでしょう。

 ただ、Mくんが大学院に進学した時、足回りに不具合が発生。これはいわゆる「クラウン病」というやつでした。そのときの彼は、その修理代を払えるぐらいのお金があったため直したらしいのですが、ディーラーではなくガソリンスタンドで整備したとのこと。その整備後、この古いクラウンは壊れず活躍し、友人とのドライブやイベントの設営など、大活躍してくれたそうです。

 そんなMくんのクラウンですが、彼が社会人になると調子が悪くなってしまいます。直したはずの「クラウン病」も再発したようで、まっすぐ走りません。また、エアコンがまったく効かなくなり、買ったときよりも全体的にやつれた印象となってしまっていたのです。

 するとMくんは、新しいクラウンを買ってしまいました。しかし、彼は最初に買ったクラウンを手放しませんでした。