「バカでもカネさえかければ、東大に入れるのか?」現役東大生たちの見解

写真拡大

―[貧困東大生・布施川天馬]―

 現役東大生の布施川天馬と申します。学生生活の傍ら、ライターとして受験に関する情報発信などをしています。

◆カネがあれば、東大生になれるのか?

 前回、僕は「東大生の多くは莫大なお金を課金されている場合が多く、だからこそ受験というシステムは平等な競争になっていないのではないか」という記事を書かせていただきました。

 ありがたいことにこの記事に関してさまざまな反響をいただいたのですが、その中で「東大は課金すれば誰でも合格できるわけではない」というご意見をいただきました。これについて、僕はおっしゃるとおりだと思います。

 もちろん、課金されたからといって受験がうまくいかないことなんてよくある話だと思います。しかし、一方で「お金がない状態ではどうしてもキツいこと」もあるのではないかと感じていました。

 そこで、今回は僕の周囲の東大生たちとともに「お金があってできること、できないこと」について考えてみたいと思います。

◆「情報」と「時間」の格差は深刻

 まず、おカネで買えるものですが、これについては「情報」と「時間」という2つの意見が出てきました。

「情報」というのは塾に通うことで最先端かつ、よく研究された受験戦略情報を得られるということを指しています。

 つまり、塾で一流予備校教師による授業を受けて効率よく勉強したり、志望校の問題の傾向やその対策などを教えてもらったりすることができます。「時間」というのは塾に通って効率よく勉強することも指しますが、浪人という選択肢があることも含みます。

 多くの場合、大学受験に失敗してしまい、浪人を決めた人は塾に通います。なぜならば、それまでの勉強の仕方がよくなかったからこそ受験に落ちたのであって、来年受かりたいのであれば、よりよい方式の下で勉強をしたほうが当然合格する確率は高くなるからです。

 しかし、浪人時の塾通いは年間100万円前後の膨大な学費がかかります。成績が飛びぬけて優秀なら学費免除もあり得ますが、そもそもそこまで優秀な人なら前年の時点で合格していますし、東大に合格する人でさえその基準を優に超えているような人はそこまで多くはいません。

◆「中学受験の経験」は大学受験を大きく左右

 勉強しやすい環境も金で買えます。進学校に通い続けてきた人たちには信じられないかもしれませんが、成績上昇を目指すために嫌々だとしても自分から進んで勉強するような人たちが集まる環境というのは非常にレアです。そんな環境も塾の難関校コースにいけば、簡単に手に入ります。

 また、「中学入試の経験」も金で買えるでしょう。前回の記事でも言及したように難関中学を受ける場合は中学受験までに200万円以上の金がかかります。

 そして、これは意外に思われることも多いのですが、中学入試の経験も大学入試に非常に役立つ場合が多いのです。

 中学入試の問題は、大学入試以上に思考力を問う問題が多く出題されます。もちろんこれらもある程度はパターン化しながら解くことができるのですが、特に中学受験算数の経験は、大学受験の数学の問題において、ある種の「センス」や「才能」ともいえるような力、「数学勘」を育てるのに非常に効果的なのです。

 図形を用いて思考力を問う問題を好んで出題する東大の受験について、これほど重要なスキルはありません。

◆カネで買える最も有効な受験スキルは?

 もちろん数学以外においてもこの「勉強勘」を育てる戦法は有効です。逆にこのセンスがない科目については非常に苦戦を強いられることになります。東大模試一位を取ったことのある秀才で、今月末に『東大式目標達成思考』という本の出版も決まっている東大2年の相生昌悟くんでさえ「自分は社会科目のセンスがなかったからとても苦労した」と語ってくれました。