5月15日に発表したメガバンク3行の2020年3月期決算。三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)が三井住友フィナンシャルグループ(FG)に純利益で初めて抜かれ、トップバンクから陥落した。

 総資産を比べると、MUFGは337兆円で、一方の三井住友FGは219兆円。規模で圧倒的な差があるのに、なぜMUFGは首位から転落したのか。

 その要因のひとつが傘下の海外銀行で減損処理を余儀なくされたためだ。

「平野信行FG会長が『(世界最大級のメガバンク)HSBCを目指す』と公言し、推進してきた海外銀行のM&Aが足を引っ張った格好です。世界的な株価急落もあるが、買収時の資産査定が甘かったと言わざるを得ません」(銀行アナリスト)

 理由はそれだけではない。最大の焦点は、三井住友に7ポイント差をつけられている経費率の高さだ。

「他行と異なり、激しいリストラや給与カットをせず、規模の拡大に邁進してきた。超低金利が続く中で、収益の改善に取り組んでこなかったツケが回ってきているのです」(同前)


三毛兼承・三菱UFJ銀行頭取 ©共同通信社

 大手銀行幹部が話す。

「4月にMUFG社長となった亀沢宏規氏(58)と三菱UFJ銀行の三毛兼承(かねつぐ)頭取(63)がタッグを組んで、平野社長時代の負の遺産を解消しての巻き返しに躍起となっています」

 三毛氏が頭取に就任したのは17年6月。前任の小山田隆頭取が体調不良で退任したため、平野氏の指名による緊急登板だった。

競合から驚きの声があがる三毛氏の改革

「当時、平野氏と小山田氏の間に確執があったとされ、慶応大学出身で国際畑の三毛氏は、平野氏の傀儡(かいらい)だと見られていた。だが、三菱には珍しい気さくな三毛氏は、頭取就任後に国内の支店をまわり、社員と直接話して、改革の必要性を訴えていった」(MUFG関係者)

 改革の一つが、フィンテックなどITを駆使した業務の抜本的見直しだ。今春、23年度までの人員削減計画を8000人に引き上げた。

 また、手数料全般の見直しも進めている。5月1日、コンビニATMの手数料を一挙に2倍に引き上げた。利用者の負担増となる施策に打って出たことに、競合するメガバンク幹部から「並々ならぬ危機意識が感じられる」と驚きの声があがっているほどだ。

「三毛頭取は、5歳年下でアメリカ駐在時代からよく知っている亀沢社長を引き立てて『チーム亀沢』を強調しています。これは、平野会長のワンマン体制から転換するという決意のあらわれなのです」(同前)

 21年3月期の純利益予想では三井住友を抜く見通しのMUFG。チーム亀沢の経営手腕が問われる。

(森岡 英樹/週刊文春 2020年5月28日号)